MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  体験談

保護者体験談

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

近藤

聞きたいときに、すぐ聞ける。相談可能なプロ講師が常に複数いる55段階で、初歩から始めた科目もレベルアップ!ここまで支えてくださった皆様に感謝です。

旭川医科大学医学部合格 近藤のお母様

入学前のお子様の状況を教えてください。

本人が自ら浪人を選択したため、迷いはありませんでした。ただ、現役時代に選択していた物理から生物に変更するというので、「一から始めて間に合うのか」「受験校が本人の志望と合うのか」などの心配はありました。

どのようなきっかけで四谷学院をお知りになりましたか?

本人がいろいろな予備校の説明を受け、その中で四谷学院にしたと報告を受けました。大手予備校と異なり、少人数であること。また、講義と55段階で並行して力をつけていけることに魅力を感じました。現役時代は衛星予備校に通っていて、わからない問題があるときはチューターに尋ねていたようですが、文系の大学生だと理系の問題が解けなかったり、常駐講師が一人なので質問したいときに質問できなかったり、ということも聞いていました。その点、四谷学院はすべてプロでしたし、55段階では常時先生が数名いるということで安心しました。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

生物を初歩から学びましたが、55段階のおかげで力をつけることができました。また55段階は、本人がわかりやすかったり、聞きやすい講師のところに行けることも良かったようです。結構ユーモアのある先生もいらして、子供から楽しい話をよく聞きました。また、廊下で先生から声をかけていただいたり、授業以外でも気に掛けていただいている様子が伺えました。

お子様へのアドバイスや、親として気をつけたことなどはありますか?

休みの日も平日と変わらない生活リズムで過ごすよう心がけました。1日中、机に向かっているため、食事やお弁当で季節の移り変わりを感じられるようにしました。お弁当は楽しみにしていたようです。センター試験が近づいた頃、本人が精神的にブレたこともあり、私自身も落ち着かない気持ちになりましたが、平常心でいるように演技していました(笑)。

合格はどのようにお知りになりましたか?

職場の昼休みに、本人から「受かったかも」との電話が入りました。「ネットで自分の番号があるけど、合格通知が来てないから分からない」と。嬉しいけど半信半疑の気分でした。帰宅後、子供と一緒にネットで検索して、何度も間違いでないことを確認して抱き合って泣きました。声を出して「良かったぁ!!」と泣き、喜びました。自分のとき以上に喜びを感じました。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージや、お子様に期待されることをお願いします。

子供が悩んだり苦しんだりする姿を見ることは、自分のこと以上に切なく気持ちも乱れますが、親としてブレないように頑張ってください。子供には自分で選択した道を歩き続ける信念と努力を惜しまず、進んでいって欲しいと願っています。また、この道へ進むことができるまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れずにいて欲しいです。最後になりましたが、四谷学院のスタッフの皆様へお礼を申し上げます。最後まで娘を支えてくださり、ありがとうございました。

△このページのトップへ