MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ  >  合格体験記  >  保護者体験談  >  現役生  >  体験談

保護者体験談[現役生]

お子様の受験勉強を支えた保護者様の体験談。貴重な情報が満載です。

菜切

本人の意思を尊重してアドバイスしてくれる、それが入学の決め手でした。勉強の集中力が明らかに上がり、短期間で成績アップ!現役京大合格に、家族全員で大喜びしました。

京都大学工学部合格 菜切

入学前のお子様の状況を教えてください。

進学校だったので、学校の指導を頼りに受験を乗り切ろうと考えていましたが、高2の終わり頃から周囲の生徒さんが塾に通い始め、少し不安に思っていました。本人はあまり感情を表に出すタイプではないのですが、その息子から高3の5月に「塾に行きたい」との申し出があり、行きたいところを自分で調べて入るよう、彼にすべて任せました。

入学の決め手は何でしたでしょうか?

いくつかの予備校を見学して回った息子自身の希望と、他の塾のように「あれもこれも」と勧められず、本人の意思を尊重してもらえたのが良かったと思います。高校からのアクセスが良かったことも一因です。

実際に始めてみて、いかがでしたか?

本人はあまり語りませんでしたが、明らかに勉強時間内での集中力が上がったと思います。学校の友達と「今日は四谷学院にいる」と言うときには、自習室で勉強していたようです。毎週自習室の利用状況などが親宛に配信されるので、そちらでも把握できました。苦手科目もはっきり分かり、夏休み前には学校での成績も上がり始めました。良い時期に始められたと思います。

お子様へのアドバイスや、親として気をつけたことなどはありますか?

とにかく健康管理です!秋以降は早々と家族全員がインフルエンザの予防接種を受け、過保護になりすぎない程度で息子の様子を見ていました。模試の結果については一喜一憂せず、特に何も言いませんでしたが、模試のおさらいをしているかだけ気にかけていました。

合格はどのようにお知りになりましたか?

京大のホームページをお気に入り登録しておき、アクセスが殺到する時間でもすぐに確認できるよう準備しておきました。受験番号が後半だったので、画面を下にスライドしていく時はドキドキして怖かったです。番号を見つけてもすぐには信じられず、息子からの連絡を待ちました。掲示板での合格写真が添付されてきた時には、家族が一斉に大騒ぎして喜びました。

最後に、これから受験を迎える生徒の保護者へのメッセージをお願いします。

「あまり口出しせずに静観する」というのはなかなか難しいことですが、なるべく本人の意思を尊重してあげて欲しいと思います。特に、国立の後期や私立の併願校をどこにするのかといったことは、第一志望を決めるよりもデリケートな問題だと思います。

△このページのトップへ

[an error occurred while processing this directive]