MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 髙柳くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[歯学]

髙柳
髙柳(私立清真学園)
  • 北海道大学歯学部
  • 昭和大学歯学部
  • 日本大学歯学部

現役のときはE判定だった北大模試が、今年はA判定に逆転!北海道大学歯学部の合格を知ったときは、正直泣きました。55段階で自分の弱点を見つけ、それらを埋めることで、「できるようになっていく快感」を感じながら勉強できました!

現役時代は効率良く勉強できなかった。

現役時代の受験はどうでしたか?

現役のときはとにかく時間が足りませんでした。自分なりに効率化を図ったものの、自己流だったので効果は低かったと思います。後期まで終わり、1年目の春を迎えることはできませんでした。

予備校選びはどのようにしましたか?

今年は基礎力を確実にし、現役のときに足りなかった二次力もつけたいと思っていました。多くの予備校を吟味して決めたのが四谷学院でした。55段階なら、それができると思ったからです。

「できるようになっていく」実感。55段階は僕の期待を超えていた。

実際に55段階を受講してみてどうでしたか?

55段階は僕の期待を超えていました。実際に受講しはじめると、思いもよらぬ自分の弱点を思い知らされたんです。それらを埋めることで、どんどんできるようになっていく実感がありました。限られた時間で最大限の効率化を得られているという実感がありました。

「できるようになっていく実感」とはどのようなものでしたか?

それはまさに「快感」です。さらに目の前のことに一つひとつ集中して小さな達成を積み重ねていくことで、今年は合格できるという自信も感じることができるようになりました。

北大模試がE→A判定に逆転。正直、驚きました。

他に合格につながったなと思うことはありますか?

四谷学院ではテキストもとても充実していました。そこには大学受験における各科目のエッセンスが凝縮されていて、私は他の参考書などは一切使わず、四谷学院のテキストを繰り返し解きました。特に数学は良問ばかりで、暇があれば何度も繰り返しやっていました。

今年はやった分だけ成績も上がりましたよね。

そうですね。高3のときの北大模試はE判定でしたが、今年11月の北大模試ではなんとA判定。正直、驚きました。ここまで二次力がつくとは想像もしていませんでしたから。これは自分だけでは実現しえない学習ができた55段階のおかげだと心から思います。

合格を知ったときは泣きました。

55段階をフル活用して勉強した髙柳くんの頑張りの成果です。合格を知ったときのお気持ちは?

合格を知ったときは、正直泣きました。

本当におめでとうございます。では、今後の目標は?

将来は、全人的な視野を持つ歯科医師になりたいです。歯学の知識に偏らず、人というものを理解した上で患者様の治療にあたりたい。国家資格を取ることは前提にしながらも、大学では多くの分野に興味を持って学んでいきたいと思っています。

素晴らしいですね。最後に、この1年を振り返っていかがでしたか?

確かに言えること、それは、四谷学院を選んで正解だったということです。

△このページのトップへ