MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 木原くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[農獣医]

木原
木原 (私立久留米大学附設)
  • 九州大学農学部
  • 東京理科大学理工学部

中高一貫で完全に中だるみ、成績も下から数える方が早い……浪人するにあたって生物を一から始めることに。55段階とクラス授業のテキストを中心に学習することで記述模試で偏差値62.5に!

200人中下から20番の現役時代。中だるみがずっと続いていた感じ。

現役時代の状況を教えてください。

中高一貫校だったので、高校入試がなく中だるみがずっと続いていた感じでした。成績も1学年200人のうち下から20番ぐらいで、本当に勉強していなかったです。どうせ浪人するからいいやと思っていましたし、現役時代は個別指導塾に通っていましたが、さぼったりもしていました。

浪人するにあたって生物を一からスタート。

中高一貫校あるあるですね。四谷学院を選んだのはなぜですか?

浪人するにあたって、物理から生物選択に変えて一から生物を勉強することにしたので基礎から学べるところが良いなと思ったからです。

生物を1から!他予備校も検討はしていましたか?

はい。他予備校の説明会にも行ってみて、生物を一からやりたいという話をしたのですが、通常の授業では入試問題しか解かないので、はじめからやるなら映像授業を見てもらうことになりますと言われてそれは並行するのも難しいし、追いつけないなと思いました。

他の参考書を使わなくても十分。生物も秋にはレベルアップ!

その点四谷学院だと、科目別能力別授業がありますものね。実際の授業はどうでしたか?

先生との距離が近いので、気になることがあればその場で聞けました。また授業も面白くて、テキストもきれいにまとまっていたので他の参考書などを使わなくても十分学習できました。はじめは下のクラスからのスタートだったのですが、秋からレベルアップすることもできました。扱う問題のレベルは上がったなと感じましたが、内容としてはついていけたので「力がついているな」と感じました。

55段階の良かったところも教えてください。

基礎の基礎からやり直すことで、知識が深まるだけでなく、新しい学びもありました。また、テキストに載っていないような些細なことについて質問しても、丁寧に回答してもらえたので学習意欲も上がりました。生物は、55段階のテキスト、クラス授業のテキストと図説だけで十分学習ができました。

10月記述模試がC判定。一から始めた生物も偏差値62.5

成績はどのくらい伸びましたか?

現役時代はE判定ばかりでしたが、10月の記述模試がC判定で、生物も、偏差値62.5を取ることができました!

素晴らしい伸びですね!何が伸びにつながったと思いますか?

やっぱり、55段階ですね。基礎固めができたのが良かったです。

最後に、四谷学院はどんな人にお勧めの予備校ですか?

応用問題ばかり解いていて基礎がおろそかになっている人です。学校で難しい問題を解くと、それについていかなきゃと思ってしまいがちですが、大事なことは基礎固めです!

△このページのトップへ