MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 髙橋くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[農獣医]

髙橋
髙橋(私立立命館慶祥)
  • 麻布大学獣医学部
  • 北里大学獣医学部

40台だった偏差値が65まで上がって、獣医学部全滅だった僕が第一志望に合格!!「疑問点の解消」と「身の丈に合った学習」を提供してくれる四谷学院はチームメイトのような存在でした。

「直前にやれば受かるでしょ?」結果、全滅だった現役時代。

入塾前の状況を教えてください。

振り返ってみると、完全に受験をなめていました。「直前にやれば良くね?どうにかなるだろう…」って。でも、受験はそれほど甘くありません。獣医学部の推薦に挑戦するも不合格、ダメ元で受けた一般入試も当然不合格。獣医学部全滅という、残念な結果に終わりました。

穴を1つずつ埋めていく55段階で勉強の楽しさに気づけた!!

髙橋くんは、基礎からやり直すために四谷学院を選んでくれたんですよね。55段階を受けてみてどうでしたか?

中学の勉強から始めることで自分の弱点を見つけることができ、その穴を埋める楽しさにハマりました。今までは闇雲に勉強していたけど、やることが決まって整理されていたので良かったです。1つずつつぶしていくことで達成感もあり、ハンコが埋まっていくのが楽しかったです。

そうそう「ハンコ集め」はみんな楽しんでくれるんです(笑)。

先生は1つの問題に複数の解法を挙げて色んな角度から解答へのアプローチをしてくれたので、問題を解く楽しさにも気がつくことができました。インプットだけで終わらず、アウトプットもすることができるので、自分の手で自分の解答を作る大切さを実感できました。

実際の入試では誰も助けてくれず、1人で答案を作る必要がありますからね。

本当にそうです。その点、55段階で解答をすぐにプロの先生に採点してもらえて、間違いや不明点をその日の内に解消できるのは、他にはないメリットだと思います。

クラス授業はいかがでしたか?

授業はレベル別にクラス分けされているので、身の丈にあった学習をすることができました。テキストも良問揃いで、何度も解き直しをすることで模試の成績が急上昇しました。背伸びをして難しい問題を解くのではなく、解ける問題でも丁寧に学習をすることができるので不安なく勉強に励むことができました。

模試の偏差値が約20アップ!四谷学院はチームメイトでした。

その成果でしょうか。偏差値の伸びもすごいですね!?

「このやり方であっているんだな」っていう自信にもなりましたし、とても嬉しかったです。合格を知ったときは思わず声を上げて泣きました。小学生からの夢に1歩近づけたことと、苦労が報われたことへの嬉しさが込み上げてきました。

念願の獣医さんに向けて、これからが楽しみですね。

大学では自分が目指す理想の獣医師像に向けて勉強したいと思います。動物と人間が共存できる社会をつくる役割を担いたいです。

最後に、後輩たちに向けてメッセージをどうぞ!

四谷学院は入試という試合に一緒に出場するチームメイトのような存在でした。チーム四谷学院のメンバーとして、戦えたことを嬉しく思います。後輩の皆さんも「絶対に合格する」という強い意思を持って勉強に励んでください!

△このページのトップへ