MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 齋藤さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[看護医療]

齋藤
齋藤 (県立東葛飾)
  • 千葉大学看護学部
  • 順天堂大学医療看護学部

総合80点アップでB判定、生物はセンター本番で9割!素直に「わからない」と言えるのが嬉しかった55段階。徐々に難易度も上がっていき、いつしか難問も解けるように。試験官がどう採点するかもわかり、二次試験も安心でした。

基礎から穴を埋めていく55段階。最初は簡単と思っていたけれど……。

入学前の様子を教えてください。

現役生のときは、目標ややるべきことを明確にしないまま、なんとなくの気持ちで大学を選び、気持ちが入りきらないまま受験をしました。基礎もまともにできておらず、学習の穴がたくさんありました。

そこで四谷学院に入学したのですね。

そうです。基礎からやり込める55段階が自分にはぴったりだと思い、入学を決めました。入ったばかりの頃の55段階は本当に基礎からで、初めは簡単だと思っていたんです。しかし、苦手な数学では、最初から難しさを感じてしまいました。

素直に「わからない」と言えるから後回しにせず、苦手を潰せました。

基礎の抜けが見つかったんですね。

正直かなり焦りを感じました……。でも、どんなに簡単なところでも、何回わからないと言っても、先生は私がわかるようになるまで丁寧に教えてくれたんです。どんな些細な質問でも優しく教えてくれるので、わからないところを素直にわからないと言えるのが嬉しかったです。

わからないところを放置しない、大事なことですね。

はい!例えば苦手で後回しになりがちな単元でも、55段階を進めていくと必ず向き合わなければいけない時が来ます。そのため、やり残しなくきちんと理解するまで学習することができ、苦手なところをどんどん潰せました。

実力は徐々に入試レベルへ進化!55段階の先生が自信をくれました。

入試に必要な知識をもれなく確認できる、55段階の良いところですね。

そうですね。55段階は徐々に難易度も上がっていき、次第に自分が本番の試験に近い問題も解けるようになっていることに気がつきました。また本番直前は問題の解説に加えて、入試のコツを教えてもらったり励ましてもらったりしたことがすごく嬉しかったし、助けになりました!試験前に自信をくださった55段階の先生には、本当に感謝しています。

親身な指導が心強いですよね。

はい!二次試験の論述問題も、55段階の先生に添削してもらうことで、自分では気づけないミスや試験官がどう採点するか把握するのが大事だと感じました。

総合80点アップでB判定も!ぜひ四谷学院を頼ってください!

成績の伸びはいかがでしたか?

今年の6月のマーク模試とセンター本番を比べると、総合600→680点、国語126→175点、生物60→91点に伸びました!志望校判定も、センターリサーチでB判定が出ました。

合格を知っていかがでしたか?

インターネットで合格発表ページを開いてみると、そこにはなんと自分の番号が!この1年のことを考え、素直に四谷学院に入って良かったなと思いました。

最後にメッセージをどうぞ!

後輩のみなさん、焦らなくて大丈夫。不安になったときはどんどん担任の先生や55段階、クラス授業の先生を頼りましょう。四谷学院のシステムを最大限利用して、合格を勝ちとってください!

△このページのトップへ