MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 伊藤くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[私立理系]

伊藤
伊藤 (県立横浜国際)
  • 早稲田大学基幹理工学部
  • 明治大学総合数理学部
  • 青山学院大学理工学部

E判定ばかり、受験校は全落ちだった現役時代から一変。総合偏差値73、早稲田B判定まで成績アップ!!基礎の大切さと学問の本質を突いたダブル教育は文句なしに完璧なシステムです。

模試はほとんどE判定。受験大学、全落ちだった現役時代。

現役時の状況を教えてください。

模試の結果は、ほぼE判定。受けた大学すべて落ちました。基礎問題をやっても面白くないと思い、その大切さをわかっていなかったんです。応用問題ばかりに手をつけ、解説を見ては「何となくわからない」を繰り返していました。

ダブル教育は文句なしの完璧制度!問題に取りくむ姿勢まで変わった。

四谷学院を選んだ理由は、基礎の大切さに気がついたからですか?

そうです。ダブル教育に魅力を感じたのですが、疎かにしていた基礎を55段階で完璧に習得し、そのうえでレベルの高い問題に取りくみ、実践力をつけられるダブル教育は文句なしの完璧な制度だと思いました。

55段階で特に良かった科目は?

数学です。当初は本当に計算ミスがひどくて、先生から「一番もったいない」と注意を受けていました。そこで自分でも気をつけていたら、段々と「計算ミスをすると何となく問題との整合性がとれない」という感覚が身についてきました。それも、ミスが減ってきたことを先生に褒められて気がつきましたね。

クラス授業はどうでしたか?

特に上のクラスは問題の難易度がとても高くて、すごくやりがいがあり、満足できました。55段階でやった応用が出たりするので「糧」になっていると実感できたし、講師の質が高く、自分に合った問題を用意してもらえるのもありがたかったです。先生は皆、感覚的ではなく論理的に解くことを教えてくれて、問題文を読み解くことへの意識が変わりました。

学問の本質をとらえた授業で、早稲田がB判定になり総合偏差値73までアップ!!

意識が変わったことの影響は何かありましたか?

55段階もクラス授業も、基礎から順を追ってやったことで、根本的な本質的な部分が見えたというか。「こんなに深いんだ」という学問的な面白さがわかったし、勉強に対する意識も「ちゃんとやればどの科目も面白い」と思えるようになれました。全ての科目において、その学問の本質をとらえることを常に意識しながら勉強したからだと思います。これも講師のみなさんのおかげです。

そこまでの気づきを得られたとは素晴らしいです!受験生活を振り返ってみていかがですか?

この1年はかなり充実していました。日々コツコツできているなという実感があったし、総合偏差値が73まで伸びて、早稲田がB判定になり、合格という結果が出て。これもダブル教育のシステムがあったからこそだと思います。

本当におめでとうございました。これからの学びも楽しみですね!

せっかく努力して大学に入れたので、興味のある分野をガッシリ学んで、その分野で世界に通用する人になりたいです。表現工学科に進んで、最新技術を駆使して演出を盛り上げるメディアアーティストになれたらなと考えています。

△このページのトップへ