MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 宮下くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[医学]

宮下
宮下 (都立日比谷)
  • 東北大学医学部医学科

音大から医学部へ一念発起のチャレンジ。センター総合点を220点も伸ばしD判定から逆転合格!!東北大にしか行きたくない!と思って勉強したこの1年、合格できて本当に嬉しいです。

より人の役に立つ仕事がしたい。音大から医学部へ転向を決意!

宮下くんはなんと音大から医学部をめざしたと聞きました。

そうなんです。元々指揮者か医者になりたいと思っていたのですが、音大在学中に、より人の役に立つ仕事がしたいと思い医者をめざしました。

一大決心でしたね!大学に通いながらの受験勉強は大変だったと思いますが、四谷学院を選んだのはなぜですか?

四谷の体験記を見ていろいろなバックグラウンドの人も合格していると知り、四谷学院に入学を決めました。

集団と個別の良いとこどり!ダブル教育は本当に良い仕組み。

入学してみてどうでしたか?

四谷のダブル教育は、集団授業と個別授業のおいしいところをとった本当に良い仕組みだなと思いました。55段階の先生は1人当たりに時間をかけてくれるので、1人ならわかってなくても終わらせてしまう問題も質問して解消できたのが良かったです。

では、クラス授業はどうでしたか?

クラス授業は能力別なのが良かったです。1人で頑張り続けられる人は稀だと思います。学力の近い人と勉強することで、ライバル意識も芽生え、モチベーションを持続できました。あと、クラス授業の先生方は、熱心に指導してくださるだけでなく、ふさぎがちな受験生の気持ちを理解して、良いタイミングで励ましてくださり、力になりました。

センター総合点は220点アップ!数物の偏差値は50台→70台へ!

集団と個別の良いところをとって勉強できたのですね!学力も伸びたのでは?

かなり伸びましたね。センターは651点から871点へ220点もアップし、特に最初はできなかった数学と物理の偏差値は50台から70台にまで伸びました!D判定だった東北大模試の判定もBまで上がりました。

大きく伸びましたね!合格したときはどんな気持ちでしたか?

昔ジュニアオケで東北の方に温かく迎えてもらった経験や、全ての学生が高水準で学んでいる点で東北大にしか行きたくない!と思っていたので、番号を見つけたときは自然と涙が頬を伝うほど嬉しかったです。

「苦手科目」と言い訳しない。やればできると知った1年だった。

本当に合格おめでとうございます!勉強で心がけていたことなどありますか?

知識の量より質を高めることです。1つの知識の守備範囲を広げどんな問題も解けるようにしました。2つ目は、「苦手科目」という言い訳をしないことです。先生は必ず解けているし、自分が解けなかった問題を解ける人もいます。必ず自分にも解けると思い、間違えたときは、そのミスの質を評価して、どこが悪かったのかを探りました。

知識の質を高め復習を徹底するのが合格のカギだったわけですね!

はい!うまくいく保証がなくても絶対受かってやるという意思の元、最後までやり抜いた経験は大きな財産です。四谷で勉強して、「やればできる」自信がつきました。これから受験を頑張るみなさんも目標をもって頑張ってください!

△このページのトップへ