MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 橋本くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[私立文系]

橋本
橋本 (私立八千代松陰)
  • 早稲田大学文化構想学部
  • 立教大学社会学部

現役時代は偏差値40台で第一志望のMARCHも不合格。今年は家族に「手もつかぬ目標」と言われた早稲田にE判定を覆しての逆転合格!早稲田に合格するのは、地頭が良い人ではなかった。

いくらでも勉強を続けられそう。入学の決め手は快適な自習室。

現役のときの状況は?

サッカーメインの生活でした。部活後に勉強しようとしても、夜なので居眠りしながらとかで。現役のときは第一志望のMARCHに不合格で、今思えば暗記に走る勉強をしてました。

四谷学院への入学を決めたのは?

CMで知っていて、55段階で演習できるのがいいなと思いました。他の塾も考えたんですけど、決め手は自習室の椅子でしたね。他塾は学校みたいな木の椅子だけど、四谷学院のは勉強を続けられそうだなって思いました。

早慶に受かるような人は、地頭が良いんだと思い込んでいた。

クラス授業はどうでしたか?

今年は「やりっぱなし」をなくして疑問を残さないようにできました。他塾と違ってクラスレベルを上げるチャンスがあったので、モチベーションにもなりました。僕は英語が苦手でしたが、先生に「ここのレベルからも早慶に行く人はいる」って言われて頑張ろうと思えました。早慶に受かるような人はもともと地頭が良いと思っていたけど、そうじゃなかったんですね。

55段階は楽しく勉強できた。おかげで偏差値が13もアップ!

では、55段階はどうでしたか?

合格ハンコで表を埋めていくのが好きで、楽しくやれました。やり直しがいくらでも効くのも良かったです。例えば55段階のテストに80点で合格したら、残りの20点分も確実に詰めるようにテストをやり直していました。

1対1の良さはどんなことでしょう?

またかっていうくらいガンガン質問できたことですね。あと文化構想は試験で英要約が出るので、過去問の添削もしてもらえました。

総合的な学力の伸びはどうでしたか?

偏差値は13もアップし、総合点も394点から487点へと100点近く伸びました。僕はずっとE判定ばかりでしたが、最終的には偏差値45から大逆転して早稲田に合格できました!

偏差値40台からの逆転、素晴らしいですね!入試本番の手ごたえは?

正直「できたのかな・・・」って感じでした。本番当日は改札を出たときの人数に圧倒されました。さすが名門って感じで。合格を知ったときはびっくりで、思わず「よっしゃ!」って叫んでしまいました。

「早慶なんて手もつかぬ目標」と言っていた両親に孝行できました。

不安に思っても合格だったということは、しっかり実力がついていたんですね。

はい!報告したら55段階や担任の先生もすごく喜んでくれたので、良かったです。今年1年は自分はもちろんですが、両親もきっと不安だったと思います。親は「早慶なんて手もつかぬ目標」と言ってたくらいなので。親孝行ができて良かったです。

では最後に後輩へメッセージをどうぞ!

後輩のみなさん、浪人は合格への強い意志があるということです。胸を張っていきましょう!1年勉強し続けることはつらいですが、頑張りの積み重ねが他の人との差になります。四谷学院で合格をつかんでください!

△このページのトップへ