MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 小野寺くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[私立文系]

小野寺
小野寺 (県立仙台第一)
合格大学
  • 早稲田大学政治経済学部、法学部
  • 明治大学政治経済学部
  • 中央大学法学部

英語偏差値81.7、総合偏差値79.9をマーク!昨年不合格だった早稲田政経に、今年はA判定で合格。55段階とクラス授業のダブル教育のおかげで理論的な解き方が身につき、大きな伸びにつながりました。

ダブル教育にひかれて、四谷学院を選びました。

現役時の状況を教えてください。

高3の6月末まで、週6で剣道部の活動がありました。勉強の成績は、特定の科目のみ得意で苦手科目が足を引っ張る、苦手でもない科目も好成績と言えない…という状況でした。総合すると平均以下で、早稲田はD判定。現役時は不合格でした。

四谷学院を選んだ理由は何ですか?

授業で習ったことの演習が55段階で実践できるダブル教育にひかれたからです。実際に、クラス授業で習った理論を55段階で確認しながら身につけられたことが、成績アップにつながりました。

英語偏差値81、総合79をマーク!理論的な解き方を教わりました。

成績アップのきっかけを、具体的に教えてください。

英語は、現役のときは直感で解いていました。しかし、授業で理論的な解き方を教わり、得点が大きく伸びました。これが全体の成績にも好影響をもたらしました。10月の記述模試では英語が偏差値81.7、総合は79.9を出しました。

偏差値80超えは素晴らしいですね!授業のどんなところが良かったですか?

クラス授業、55段階の講師とも、自分の弱点や強みを指導してくださり、現役のときには気づかなかった解き方や理論を説明してくれました。講師との距離が近く、もちろん教え方も上手で、すぐに質問しやすかったところも良かったです。演習にも適切な授業のテキストも役に立ちました。

今年は早稲田A判定に。進路指導サポートも助かりました。

現役時と比べて、早稲田の判定は変わりましたか?

11月のマーク模試でA判定が出ました。他の大学の成績も今までで一番良かったです。

合格を知ったときはいかがでしたか?

現役のときは不合格だったので、その分今年は飛び上がって喜びました。進路指導の先生とも喜びを分かち合いました。

進路指導の先生は、受験生生活の中でどのような存在でしたか?

担当の先生は自分が相談したいときはいつでも相談に乗ってくださいました。日頃授業の予習復習で忙しい中、入試情報リサーチのサポートをしていただけたのも、非常に助かりました。

すぐに相談できて頼りになる存在がいると、安心感がありますね。

そうですね。浪人生活に精神的なサポートは必要不可欠です。担当の先生は、そういう精神的な支えにもなる存在だったかなと思います。

合格本当におめでとうございます。最後に今後の目標をどうぞ!

大学ではまず、外国語を話す・書くといった実用面に至るまでしっかりマスターしたいと思っています。将来の夢は外交官です。日本の鉄道を輸出し、途上国の発展に貢献したいです。

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ