MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 遠藤くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[私立文系]

遠藤
遠藤 (私立本郷)
  • 早稲田大学政治経済学部
  • 慶應義塾大学経済学部、商学部
  • 明治大学経営学部
  • 青山学院大学国際政治経済学部
  • 立教大学経営学部

現役時代は難問ばかり取りくんで、E判定……。正しい勉強法に変えたら国語の偏差値が15近くアップ!受験で最も大切なのは、プロに正しい学習法を習うこと。皆さんもぜひ四谷学院のシステムに乗っかってください!!

難問に取りくみE判定ばかり。努力が形にならず、悔しい思いを。

現役時代の様子を教えてください。

基礎を疎かにして難しい問題ばかりやっていたので、模試でもE判定ばかりで勉強量に結果が見合わず、悔しい思いをしていました。

努力が結果に結びつかないのは悲しいですよね……。

そうなんです。浪人が決まってからは、しっかり基礎を固められるカリキュラムの予備校に通おうと思い、55段階にひかれて四谷学院に入学を決めました。

癖を指摘してもらえる55段階と緊張感のあるクラス授業。取りくむだけで実力アップ!!

実際にやってみてどうでしたか?

55段階は1対1で見てもらえて、自分の悪い癖を先生に何度も指摘してもらえるのが良かったです。自分で書いた英作文なども丁寧に添削してもらえるので、何度も提出と復習を繰り返すことでとても実力がつき、慣れることができました。

クラス授業はどうでしたか?

授業で配られた教材はどれも大切なことばかりで、それを覚えるだけでもとても実力がつきました。また先生方が「解けなければいけない問題/解けなくても良い問題」の見分け方を教えてくれたり、時間制限をつけたテスト形式の授業をしてくださったりしたので、毎回の授業に緊張感をもって臨むことができました。

国語の偏差値が15近くアップ!先生方は大学受験のプロです。

的確な勉強法に変えた成果か、国語の偏差値が15近くも上がりましたね!

予備校の先生方は大学受験を研究し続けた受験のプロなので、自分で勉強法を作るのも大切ですが、受かる勉強法を教えてもらい、それを実践した方が効率的に成績を伸ばせると思います。

合格を知ったときのお気持ちは?

第一志望は落ちたと思っていたので、とても驚きました。けれど、1年間の努力が実って自分に自信がもてるようになりました。勉強へのモチベーションを上げてくれたクラス授業の先生、些細なことでも嫌な顔をせず丁寧に教えてくれた55段階の先生、不安なときいつも相談に乗ってくれた担任の先生には、感謝してもしきれません。合格という形で恩返しができて良かったです。

本当におめでとうございました!大学での勉強も楽しみですね。

大学ではいろいろな人と出会い、さまざまな経験をして、もっと自分の視野を広げていきたいと考えています。経営学などに興味があるので、好きな分野をとことん追求したいですね。

受験で最も大切なのは「正しい方法で勉強すること」

最後に後輩へのメッセージをお願いします。

受験勉強で大切なのは「正しい方法で勉強すること」です。それを1人で見つけるのは難しいですが、四谷学院では担任の先生が個別に相談に乗ってくれるので、迷うことなく勉強だけに集中できます。皆さんも四谷学院のシステムに乗っかって、合格を勝ち取ってください!

△このページのトップへ