MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 萩野さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[医学]

萩野
萩野 (都立国際)
  • 国際医療福祉大学医学部医学科

四谷学院をフル活用して医学科現役合格!クラス・55段階・担任・ガイダンス成績を伸ばすための全ての要素が高水準で整っていました。

高1の時に医学科を受験すると決めたのですが、私は高校入学前の数年間フランスに住んでいたため英語以外の基礎的な学力がとても乏しい状態でした。四谷学院に入学したのは、55段階の学習方式が私にとても合っていると思ったからです。部活が忙しくても自分のペースで進めることができ、かつ質問しやすい点に惹かれました。私の性格上、毎回テストを受けることで必然的に勉強せざるをえない状況が作れるのも良いと思いました。数学はクラス授業の先生が一人ひとりにコメントをくださるなど、指導が丁寧でとてもありがたかったです。話も面白くて楽しく教わることができました。また、昔から計算ミスの多さに悩んでいたのですが、55段階で多くのテストを受ける中で、ミスのパターンを把握できてきて、失点が大幅に減ったと思います。最も苦手としていた化学は、クラス授業で様々なハテナが消えていくのが気持ち良く、毎回の授業が待ち遠しかったです。模型や写真などで説明してくださるのがわかりやすくて新鮮な感覚でした。四谷学院の先生方は全員本当に良い先生で、「この先生ははずれだな」と思ったことは一度もなかったです。また、成績が伸びた一因は、定期的にあったガイダンスのおかげだと思います。毎回心に響き、良い意味での焦燥感も与えてくれて、モチベーションアップにつながりました。予習復習も身に付き、確実に学力が伸びました。担任の先生にも、とても感謝しています。具体的に今何を勉強すれば良いのか、テキストを何周解けば良いのかといった指導に加え、モチベーションが下がったときや将来のことで無性に不安になったときに、毎回元気をもらっていました。自分で言うのもなんですが、この一年すごく頑張ったと思います。そして、受験を通して成長できたと思います。ここで身につけた「頑張る力」は大学に入っても役に立つと信じています。将来の夢は人間的な治療を行う優れた医師になることです。合格した時の感謝の気持ちを忘れずに、何事にも全力で頑張りたいと思います!

△このページのトップへ