MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 本田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[医学]

本田
本田 (私立本郷)
  • 東邦大学医学部医学科

55段階のおかげで、英語は武器になり偏差値70台に伸びました。苦手だった数学も、偏差値60台にアップ。静かで集中できる自習室も良かったです。

兄が四谷学院に通って日本医科大学に合格したので、自分も通うことにしました。自習室が使いやすいと聞いたのも、入学を決めた理由の一つです。僕は高2まで週3のペースで卓球部の活動があり、四谷学院へ入学する前は、テスト直前にちょっと勉強するくらいの付け焼刃みたいな勉強をしていました。そして特に数学が全体的に苦手で、勉強してもあまり点が伸びなかった科目でした。

55段階を受け始めると、級や段が進むのが楽しかったです。先生も優しく、特に英語は55段階が自分の勉強のモチベーションにつながり、受験では英語が強力な武器になりました。東邦大学は英語の配点が高いので、合格できたのは55段階のおかげだと思います。また、55段階のおかげで英語に時間を割きすぎることなく、苦手な数学に時間を使うこともできました。数学は僕にとって時間がかかる科目でしたが、55段階は解説がわかりやすくて基礎的なところから取り組めるところがよかったです。クラス授業では先生が解説を中心にしてくださるので、苦手な数学も予習でつまずいた部分を授業で理解して復習していくことで、克服することができました。模試の成績でも50台だった偏差値が60台に乗るようになり、受験本番も数学の手ごたえは結構ありました。また、四谷学院の自習室は静かです。自習室を使い始めてから、成績の伸びは良くなりました。3年生の10月の模試では、それまで50~60台だった英語の偏差値が70台に乗り、自分の伸びを強く実感しました。やはり集中できる場所で勉強することが大切で、その点で四谷学院の自習室は良かったです。僕は、高度な医療技術だけでなく患者さんに寄り添った医療を行える医師になることを強く思い続けて勉強をしてきました。これから医学部で必死に勉強して、困っている患者さんを救いたいと思っています。

△このページのトップへ