MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 山﨑くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[医学]

山﨑
山﨑 (県立静岡)
  • 高知大学医学部医学科

ラグビー中心の生活で定期テスト以外は勉強していなかった自分が、まさかの現役医学科合格!得意な数学はさらに伸ばして偏差値81.8を記録。大きな得点源となりました。

入学前はラグビー部中心の生活を送っていたため、定期テスト以外はほとんど勉強していなかった。そのため成績はどんどん落ちていった。高3になる直前に、そろそろ受験勉強しなきゃと思い、四谷学院に入学した。

55段階では、部活と被らないように時間割を設定できたので、部活が忙しい自分にとってとても助かった。また、1・2年の時に勉強をサボっていたため、55段階で基礎から固められたのが良かった。苦手だった英語も基礎を固めた後、多くの長文を読んだため、徐々に読めるようになっていった。

クラス授業ではまわりの生徒とのレベルが近く、先生の教え方もわかりやすかった。数学は得意な科目だったが、先生に教えてもらうことで類題も解けるようになり、その単元のどんな問題にも応用が利くようになった。多くのことを学べ、模試では偏差値81.8を記録し最終的には大きな得点源になった。

1年前まではまさか自分が現役で医学部に受かると思っていなかったので合格は信じられなかった。自分はずっとスポーツをやってきて、特に高校ではラグビーをやっていたこともあり、多くの怪我をしてきて医師にお世話になることが多かったので、スポーツで怪我をした人を多く助け、頑張ってスポーツをやっている人たちの助けになりたいと思う。

△このページのトップへ