MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 野栗くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[医学]

野栗
野栗 (県立静岡)
合格大学
  • 浜松医科大学医学部医学科
  • 早稲田大学先進理工学部
  • 慶應義塾大学理工学部
  • 同志社大学生命医科学部

高2から高3で偏差値約10アップ。夏の模試では理系総合偏差値82.7をマーク。55段階で自分のミスの傾向を知り、そのミスを回避する訓練ができました。

55段階は先生から1対1で指導を受けることができるので、自分はどこがわかっていないかがよくわかりました。自分1人でできると思ったところでもテストになるとできないことが多く、55段階のテストによって自分のミスの傾向も探ることができました。その時に重要なのは復習をきちんとするということです。ただテストを受けて「できなかった」で終わってしまっては何も身につきません。そうではなくて復習して次には必ずそのミスをしないことが重要です。本番では特殊な問題は大抵の人ができないし、得点もそれほどあるわけではありません。取れるところでどれだけ取れるかが勝負になると思います。そこで普段から自分がどこでミスをしているかを知っている人、すでにそのミスが起こらないように訓練されている人が受験に勝つと思います。その点で55段階の「テストを受ける→1対1で指導を受ける→復習をする」というメソッドは大いに役立ち、2年生のとき偏差値64.8だった物理は3年生の夏に74.0に、理系総合偏差値も82.7まで伸びました。

またサポート面では一人ひとりに進路指導の先生がつく点も良かったです。担当の先生はこれまで多くの受験生を見ているので適切な判断をしてくれます。受験は色々悩みが生じることがありますが、担当の先生に相談することで、他の人がどういうふうに勉強してきたとか、どういう生活を送ってきたとか、客観的に知ることができました。それは確かな情報であるし、問題解決の糸口が見つかることで自分の心にもゆとりが生まれました。精神的に大変な受験期に担当の先生のサポートがあったのはとても大きかったです。

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ