MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 細谷くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[国公立文系]

細谷
細谷 (私立修道)
合格大学
  • 神戸大学経済学部
  • 関西大学経済学部

数学偏差値16.4アップ、センター本番の英語は180点!定期テスト前だけ勉強で、模試の成績も不安定だった僕が55段階で基礎を固めて大変身。四谷学院を信じて勉強したら第一志望に現役合格できました!

勉強するのは定期テスト前だけ。模試の成績にも波があった。

四谷学院に入学する前の状況は?

中高一貫校に通っていたので、高校入試を受験することもなく、勉強はテスト期間中にテスト範囲の内容を覚えるくらいのことしかしていませんでした。そのため模試を受けても成績が安定せず、受ける模試によって偏差値が10程度ばらつくことがありました。

簡単だと思っていた55段階中学レベルでつまずいた。

55段階を受けてみた感想は?

最初の級は中学校でも習うような内容で正直簡単すぎると思っていました。でも、やってみると英語の三単現のsの意味もはっきりとわかっていませんでした。どこにsを付けるのか、いつもなんとなくでやってしまっていて、どれだけ基礎をおろそかにしていたか痛感しました。55段階の先生はそんな簡単なことを間違っていた僕にも、「こんなこともわからないの」などとは決して言わず、そのような雰囲気も出さず、親切丁寧に教えてくださいました。そのおかげで次第に基礎が固まっていきました。

11月にはB判定に!数学も偏差値16.4アップ。

基礎を固めることでどのように効果がありましたか?

模試では特に英語の成績が安定していき、本番ではセンター試験で180点とることができました。数学と現代文も高3の11月頃には良い成績がとれるようになっていきました。特に数学は8月に57.8だった偏差値が11月には74.2まで上がりました。また、初めてB判定をとることができました。55段階を通じて、受験問題であっても基礎が大切だということに気づきました。受験だから難しい問題を解くと思っていたけど、そうではありませんでした。例えば英作文は難しい表現でいくら書いても、基本的な文法で間違っていたらどんどん点数が引かれてしまいます。英語の長文を読むのも、基本的な構文をわかっていないと正しく読めません。中学校の内容からしっかりわかっていないといけなかったんだということを実感しました。

合格を知ったときの気持ちを教えてください。

今年は倍率も高いと聞いていたので、合格しているかとても不安でした。恐る恐る合格発表を見ると自分の番号があり、とても驚き、信じられませんでした。両親や学校、四谷学院に報告に行くといろいろな方々が喜んでくれてとても嬉しかったです。最高の結果で終われたので僕を支えてくれた方々に少しでも恩返しできたかなと思います。

最後に、後輩にメッセージをお願いします。

後輩のみなさん、四谷学院の55段階は本当に素晴らしいやり方だと思います。55段階で基礎を固めれば、一気に成績が安定すると思います。四谷学院を信じてやれば第一志望に行けると思うので最後まで諦めず、悔いなく受験勉強をしてほしいです。

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ