MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 木下くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立理系]

木下
木下 (市立葺合)
  • 首都大学東京経済経営学部

クラス授業で解き方を学び、55段階で演習を進める!ダブル教育で、記述もしっかり得点できる力が身に付きました!

部活で、週6でサッカーをしていましたが「大学に行きたい!」という明確な進学目標ができ、予備校を探しました。説明会で四谷学院の学習システムについて聞き、集団授業と個別授業、二つの形態があることが決め手となり、入塾しました。

合格できた要因は大きく二つあると思っています。まずは英語を伸ばしてくれたクラス授業です。文法のクラス授業では、授業で出てくる文法だけでなく、それに関連したものも教えてもらえました。テキストは入試に出やすいものが具体例と一緒に載っていて、情報量は大量ではないのに、いろいろと思い出せる作りでした。授業のテキストに出てくるものを覚えるだけで入試は十分戦えます。文法の基礎を固めることにより、模試で文法問題を間違えることがほとんど無くなり、長文もすらすら読めるようになりました。もう一つは数学を伸ばしてくれた55段階です。55段階は中学生レベルの基礎から始まりますが、級が進むごとに内容が難しくなります。しかし前の級を復習していれば次の級の内容も理解できるようになっており、確実にレベルを上げて進められました。55段階は、指導が1対1だったので、なかなか聞きづらい簡単な疑問や、なんとなく詰まったところでもすぐに質問できることが良かったです。さらに、記述の答案を見てもらえたことも良かったです。二次試験当日は数学の55段階で指導され続けた「途中式をきちんと書くこと」「問題に無い文字を使うときは定義する一文を書くこと」に注意して答案を書くことができました。入学後、得点開示をしたら、なんと英数両方とも8割以上の得点を取れていました。

二次試験はこうして得点を取ることができましたが、実はセンター本番は自信が油断になり、得意な科目で凡ミスをするなど、思うように力を発揮できませんでした。学校の先生には「この点数ならあきらめた方がいい」と言われました。でも、四谷学院の担任の先生に相談すると、「二次で点数が相当必要だけど受けたいなら頑張ろう!」と背中を押してもらいました。あの時、あきらめなくて本当に良かったです。

△このページのトップへ