MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 野本さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[看護医療]

野本
野本 (私立東京都市大学等々力)
合格大学
  • 慶應義塾大学看護医療学部
  • 横浜市立大学医学部看護学科

思わず浮かんだ「なんで私が慶大に!?」。ダブル教育でつまずきをなくし、伸び悩んだ成績が偏差値56→63に上昇。充実したサポートで逆転慶應現役合格!

勉強が嫌いなわけではなかったのですが、成績が伸び悩み、55段階とクラス授業のダブル教育で基礎から学びたいと思い四谷学院へ入学しました。クラス授業で知識を詰め、55段階で問題演習を積み重ねていくうちにどこで躓いていたのかに気づきました。55段階の先生に1対1で答案を見てもらえるので、学校では聞きづらい基本的なことも質問出来たことで成績が伸び、模試の総合偏差値が56から63まで上がりました。四谷学院の魅力はそれだけではありません。

私は、高3の6月まで弓道部に所属していました。受験生になって文武両道が難しく感じていたとき、四谷学院の充実したサポートにはかなり助けられました。55段階の振替制度だけでなく、クラス授業の映像視聴、定期試験のサポートなど、部活動に全力を注ぎながら、勉強をこなすことができました。更に進路指導の先生も相談にのってくれ、精神面でも助けられました。また自習室の環境が良く、常に綺麗な状態が保たれているので通うのが楽しくなりました。勉強を飽きずに楽しく続けられたのは、教育面だけでなく生徒のサポート、環境が充実している四谷学院に通っていたおかげだと思います。

模試では高3秋の模試ではD判定だったので、結果を知ったとき、はじめは信じられず何度も合格発表のページにアクセスしました。そして合格通知が届いてからは、四谷学院のCMの「なんで私が慶大に!?」をイメージしながら浮かれていました(笑)疲れた顔で受付に寄っても、いつも笑顔で挨拶してくださったスタッフの方々、分からない問題を丁寧に分かりやすく教えてくださった先生方のおかげで無事に自分の行きたい大学に合格出来ました。本当にありがとうございました。

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ