MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 川井さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[看護医療]

川井
川井 (国立名古屋大学教育学部附属)
合格大学
  • 名古屋市立大学看護学部

センター本番で入学前より205点アップ!ダブル教育で着実に点数を伸ばせました。55テキストは重要ポイントが明確で簡潔、MY時間割で部活との両立もばっちりです!

入学前は何から手をつけていいかわからなかったが、55段階は次に自分が何をすればいいのかが明確で、着実に勉強を進められたのがよかった。理解に時間がかかるほうなので、先生に個別に添削・解説をしてもらえる55段階がある四谷学院を選んだ。

第一志望では英語の比重が大きく成績をだいぶ伸ばさなくてはいけなかった。そのため英語は55段階とクラス授業のダブル受講をした。55段階をどんどん進め、最後に様々な学部の対策問題にも触れられたことで、どんな内容の英文がきてもあわてなくなった。また同時にクラス授業も受けることで、コンスタントに英文を読み続けることができ、講師から解答のテクニックを学ぶことができた。55段階とクラス授業を併用することで、知らないうちに英文がスラスラ読めるようになり、得点に繋がった。実際、入学前の模試とセンターの点数を比べると最終的に英語の筆記だけで65点も上がっていたし、その他の受講科目も全体的に伸びて総合得点は205点アップだった。

私は8月の初めまで部活をしていたが、55段階は自分の予定に合わせて日時を決められたので、部活をしながらも塾に通い、勉強をすることができた。家よりも勉強する環境が整っている自習室があり、怠けがちな時期でも塾に行けばきちんと勉強することができた。

テキストはとても簡潔で、受験会場でも直前の復習に役立った。市販の参考書だと本当に必要かどうか疑わしいところまで細かく書いてあったので、量に圧倒されてやる気がそがれる上に、どこが1番重要なのかも掴みにくかった。その点、四谷学院のテキストは絶対におさえなければいけないポイントが明確で、なおかつコンパクトにまとめてあるので、簡単に必要なところを読むことができて便利だった。

私は将来、摂食・嚥下障害看護認定看護師になりたい。私の好きな、食べることを病気や加齢で難しくなってしまった人に、少しでも食べる喜びを感じてもらえるようにしたい。

1年間、丁寧なサポートをありがとうございました。四谷学院で頑張れたおかげで、毎年学校の先生に「もう少し頑張らないと難しいですね」と言われていた第一志望に合格することができました。本当にありがとうございました!

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、担任制度、テキスト、自習室、担任制度、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ