MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 高橋さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[私立理系]

高橋
高橋 (私立桐朋女子)
  • ICU教養学部

化学の偏差値が44.1→55.1四谷学院からの勉強のアドバイスを実践したら毎日練習があるダンス部とも両立しながら入塾半年後には伸びを実感していました。

私は、入塾前は壊滅的に英語ができませんでした。模試でも英語のせいで全体の足を引っ張っている状況でした。しかし、どこがどうわからないのかが自分でもわかっていなかったので対策のしようもなく、ずるずるとできないまま時間だけが過ぎていっている状況でした。そんな時、たまたま目にした四谷学院の情報で、全ての範囲を55段階に分割して、1つずつ確実につぶしていくというわかりやすい方法が私に合っているのではないかと思いました。また、55段階に全単元が分けられているので、自分がすでにできている所と、抜けがある所が一目瞭然で、時間のない受験生にとってすごく助かりました。

実際に始めてみて英語はこのタイプの問題はこうとか、確実なやり方から早く解ける解き方まで色々紹介してもらえて解き方を変えて解けるところが良かったです。途中から追加した化学もそんなに得意じゃなかったので、何度も繰り返して最終的には自分でしっかりと理解できるまで教えてもらえました。その結果、3年生の4月に受けた記述模試の偏差値は44.1でしたが、12月には55.1にまで上がりました。その秘訣は、四谷学院に入って最初に教わった2回の復習が大事という話をちゃんと実践したことだと思います。特に1回目の復習はその日のうちに5分程度見直すだけでいいという説明を聞いてそれなら続けられると思って始めましたが、毎回の復習のおかげで頭に入っていきました。ダンス部の練習が毎日ありましたが、そんな中でも入塾してから半年くらい経った頃には模試の結果から伸びを実感していました。1分1秒を惜しんで勉強していて、おそらく人生で一番勉強していました!大学では1年生で語学留学のチャンスがあるので、積極的にチャレンジしたいと思います。

△このページのトップへ