MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 酒井くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立理系]

酒井
酒井(私立近畿大学附属和歌山)
  • 神戸大学工学部
  • 関西大学システム理工学部
  • 関西学院大学理工学部

総合点を142点も伸ばしてE判定からの合格!55段階では基礎から応用までを網羅し、クラス授業は科目ごとにレベル別なので、苦手な科目も得意な科目もちょうど良いレベルで無理なく学力アップ。

現役の模試はいつもE判定。何とかなると思っていたが…。

現役生のときの受験はどのような状況でしたか?

現役のときは模試ではいつもE判定でしたが、それでも何とかなると考えていました。結局センター試験の点数が全く足りず、志望校レベルを下げましたが不合格でした。

四谷学院に決めたのはなぜですか?

友達に四谷学院は基礎から教えてくれると聞き、行ってみた説明会で55段階にひかれたんです。それで入学を決めました。

55段階のテストの合格は、「この単元は大丈夫」という証拠。

55段階は、実際に受けてみてどうでしたか?

全ての範囲を本当に基礎から学び直すことができ、初歩的な質問にも答えてもらえたのが良かったです!55段階のテストの問題は、その単元部分をちゃんと理解して初めて解ける難易度だったので、テストに合格できると「この単元は大丈夫」と、自信になりました。55段階のテキストには、基礎から応用まで必要なものが全て凝縮されていたと思います。

授業は科目ごとにレベル別だから無理なく伸びて計142点アップ!

55段階で、「できない」を1つずつなくすことができたんですね。では、クラス授業はどうでしたか?

科目ごとに自分のレベルに合った授業を受けるので、苦手な科目は初歩から基本的なところを学べたし、得意な科目は基本に触れつつも応用まで教えてもらえ、満足できる授業内容でした。四谷学院の先生に出会えたおかげで、中学から高校までの6年間ずっと苦手意識をもっていた英語が、今年は得点源になりました!テキストもレベルを合わせて厳選された問題が載っていたので、無理なく学力アップできたと思います。

成績はどのくらい伸びましたか?

かなり伸びました。去年ボロボロだったセンター試験は601点から743点へと、142点もアップしました!苦手だった英語では173点をマークし、得点率85%を超えることができました。

後輩のみなさん、受験の全てを四谷学院に任せてみてください。

142点アップはすごい!苦手な英語も高得点でしたね。受験を終えて、今どのように感じますか?

この1年、何度も挫けそうになりましたが、無事乗り越えられたのはモチベーションを上げてくれた授業の先生、どんな質問にも答えてくれた55段階の先生、相談にのってくれた担任の先生のおかげだと思います。本当に感謝です。ありがとうございました!

改めて、合格おめでとうございます!最後に後輩のみなさんへ、メッセージをお願いします。

後輩のみなさん、成績を伸ばすには苦手意識をなくすことが大切です。四谷学院には苦手をなくしてくれる、質の高い先生がたくさんいます。受験に関することの全てを四谷学院に任せてみてください。そして合格を勝ちとってください!応援しています。

△このページのトップへ