MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 小泉さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立理系]

小泉
小泉(私立京都聖母学院)
  • 広島大学工学部
  • 関西学院大学理工学部
  • 立命館大学理工学部

センターが1年で120点以上アップ!!四谷学院は最高に「信頼」できる予備校。先生とテキストを信じてひたすら基礎を固めたら受験生に必要な力が身について、広大に合格できました。

センターが120点以上アップ!伸びの秘訣は「基礎の確立」

入学の決め手を教えてください。

説明会に参加したとき、自分は勉強の基礎が確立されていないと気づきました。その基礎を四谷学院なら丁寧に教えてくれること。また現役時の放任主義の塾と違って、一人ひとりに寄り添ってもらえるところが良いと思って決めました。

小泉さんは1年間で、センター得点が120点以上も上がっていますね!?

私が伸びた最大の理由は、「基礎の確立」にあると思っています。55段階はテキストで予習をしてからテストという形式なので、間違っているところはすぐにわかるし、その場で解説していただけるので内容が定着しやすいです。

解説で特に印象に残っている点はありますか?

55段階の授業はすごく丁寧で、間違えたところだけでなく、受験によく出る必要知識を基本から教えてくれました。また自分が正解した問題でも、受験生の多くが間違えるものは「なぜこの答えになったの?」と聞かれるので、あやふやな知識もしっかり自分のものにすることができました。

受験生には絶対に基礎が必要!!先生とテキストを信じて良かった。

55段階のフル活用が成績アップの鍵だったのですね。

はい。普通の授業だけだったら難しいテキストばかりをやって、入試に必要な細かい知識は身につかず、完璧な解答は作れなかったと思います。

「国立=難しいテキスト必須」と間違えている人も多いんですよね。

受験生には絶対に基礎が必要です!!「こんな簡単なこと邪魔くさい。もっと難しい問題やりたい」と思ってしまうことも私はありましたが、もう一度しっかり“簡単な問題”について考えてみてください。実は定義などがあやふやだったり、問題形式が変わると解けなかったりします。

確かにそういう声は多いです。

だから困ったときには基本に戻れるよう、しっかり基礎を確立させておきましょう。現役のときは、先生が言ったことも自分の考えにすり替えて難しいテキストばかりやっていましたが、四谷学院の先生を信じて最後までテキストをやり込んだら、合格することができました!

本気で受かりたい?それなら、四谷学院を信頼して!

55段階にそこまでの信頼を置いてくださって嬉しいです。

合格した今、心の底から「頑張って良かった!!!」と思っています。早い時期から55段階を進めておくことは、とても重要。プライドを捨てて本当に受かりたい!と思ったら、四谷学院は信頼できる先生のいる予備校です。

本当におめでとうございました!!最後に将来の展望をどうぞ。

私の学科は機械やエネルギー・輸送・材料と分かれていますが、どの分野も楽しそうなので、専門の勉強をしてから一番興味をもった学科に進みたいです。材料強度や、歯車のかみ合わせを学ぶ研究室などにも興味をもっています!

△このページのトップへ