MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 生嶋くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2021年合格者[私立文系]

生嶋
生嶋 (私立高輪)
合格大学
  • 慶應義塾大学法学部
  • 北海道大学総合入試文系
  • 明治大学経営学部

基礎の抜けから始まった負の連鎖を断ち切って偏差値73に!得意科目は能力別クラス授業でとことん伸ばして苦手科目は55段階とのダブル教育で2方向から克服。自分でも驚く「合格」をした日のこと、一生忘れられません。

志望校に受かるために必要なこと。それを考えたとき、環境もシステムも合致したのが四谷学院だった。

入学前の状況を教えてください。

現役のときは、過去問を解くことにすごく拘ってしまって、発展的な問題ばかりに取り組んでいました。基礎的なことが抜けてしまっていたことで、負の連鎖にはまってしまったんです。センター試験で失敗してしまって、国公立は絶望的。メンタルは簡単にやられてしまって、私立の問題もどんどん解けなくなっていきました。

四谷学院を選んだ理由を教えてください。

今年こそは第一志望に受かるぞ、っていう気持ちで予備校選びを始めました。このときに考慮したのが、第一に「自分のわからないところを簡単に聞ける環境があるか」ということ、第二に「基礎をもう一度徹底的に学べる制度があるか」ということでした。基礎が盤石なことで、応用問題にも対応できるって考えたからです。そしてこの2つに合致したのが四谷学院でした。

先生との1対1の対話で「わかったつもり」を回避。

実際のところ、入学してみて、その環境とシステムはいかがでしたか?

55段階は、中学レベルの基礎から先生に1対1で指導してもらえました。自分がわからないところを、先生に説明することで、どこがどうわかっていないかが明らかになります。一見わかっているようで、実は間違って理解していた、というような事態もそれによって回避できました。それから、55段階だけでなく、2方向から苦手を克服できるシステムも、他の予備校にはない四谷学院独自の魅力だったと思います。

55段階とクラス授業とのダブル教育ですね?

はい。レベル別に受けられる講義形態は苦手を克服できるだけでなく、得意科目もとことん伸ばすことができます。おかげで、秋には記述模試の総合偏差値が73まで伸びました。

合格を知った瞬間、四谷学院の受付に駆け込んだ。

合格を知ったときのことを教えてください。

まだ北大も受ける予定だったので、発表の日は過去問を解いて最終調整をしていているところでした。慶應のサイトにアクセスしたとき、最初はどこに合否が書いてあるかわからなくて・・・・・・5秒くらい画面を凝視したあと「合格」の2文字を見つけて。その瞬間、解いていた過去問を放り投げて四谷学院の受付に駆け込んでいましたね。驚きで手が痺れながら書いた「慶應義塾大学法学部合格」の文字は、おそらく一生忘れないと思います。

最後に、大学生活に向けて抱負をお願いします。

大学では、様々な講義や交友関係を経験したいです。四谷学院で学んだことを活かして、文理問わず広い視野をもって、臆することなく、いろいろな世界に飛び込んでいきたいと思っています。

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ

電話での相談会予約・資料請求

フリーコール 0120-428255(ヨツヤにゴーゴー)

スマホからもおかけいただけます
「ホームページを見たのですが」とお電話ください