MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 権藤さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[国公立文系]

権藤
権藤 (私立ノートルダム清心)
合格大学
  • 広島大学教育学部

英語偏差値74.3、模試判定C→Aで第一志望に現役合格!55段階ではゲーム感覚で楽しく学習を進めながら知識の穴を埋められました。プロの先生の1対1指導のおかげです。

穴に気づかず勉強を進めていたらどうなっていたんだろう……。

四谷学院に入学する前の状況を教えてください。

周りの友達が続々と塾に通い始める中、私も発展的な内容を先取りして学ぶような予備校に通うべきか、でも自分はそこまでのレベルに追いついているのだろうか……と悩んでいました。そんなときに母が四谷学院のホームページを見せてくれました。そこには、基礎から段階的に受験に必要な知識を学ぶことができると書いてあって、「基礎の土台がしっかりできていないと到底発展問題など解けるはずがない!」と思ったので入学を決めました。

基礎固めは大切ですよね。実際に授業を受けた感想も教えてください。

55段階ではプロの先生に1対1で教わることができたので、着実に知識を身につけることができました。指導を受ける中で中学レベルの問題でも、忘れていたことや知らなかったことなどがどんどん出てきて、気づかずにそのまま勉強を進めてしまっていたらどうなっていただろう……と震えたこともありました。また、55段階は合格するごとにハンコがたまっていくので、ゲーム感覚で楽しく学習を進めることができました。

ただの「解答」ではなく「どう解くのか」を教えてもらえた。

クラス授業の良かった点も教えてください。

どの授業でも、ただの「解答」ではなく「どう解くのか」を教えてもらえたことです。おかげで、どの角度から出題されても対処できる力がつきました。国語ではセンター試験特有の解き方を教わったことでぐんと点数が伸びました。いつも確信を持てずに解いていたセンターの問題ですが、答えはこれしかありえない!と自信を持って、時間にも余裕ができるくらいスラスラと解けるようになりました。また、英語の授業では読解問題はもちろん、センター対策から自由英作文まで内容がもりだくさんで、1回の授業で得るものが多くありました。

英語は偏差値最高74.3。判定もCからAに!

成績はどのくらい伸びましたか?

高3の4月の記述模試は判定がCでしたが、秋の記述模試ではA判定がとれるようになりました!得意だった英語の偏差値も、67.2だった4月から、7月では74.3をとれました。

英語が最強の武器になりましたね!最後に四谷学院での生活を振り返って感想をお願いします。

四谷学院の先生方、スタッフの方々には大変お世話になりました。笑顔で元気良く迎えてくださったおかげで、毎日、やる気を出すことができました。特にいつでも相談に乗ってくださった進路指導の先生の存在はとても心強く、先生が私の味方でいてくれたからこそ、第一志望合格を手にすることができたのだと思います。本当に感謝しています、ありがとうございました!

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ