MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 飯田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[私立理系]

飯田
飯田 (県立相模原中等教育)
合格大学
  • 慶應義塾大学総合政策学部

受験勉強の時間がとれず、常にD・E判定の状態から学校行事を楽しみ尽くして現役合格!基礎から難問まで、知識を穴なく埋められる55段階できめ細かな指導を受けたことが合格につながりました。

学校行事で忙しくて常にD・E判定。集団授業だけでは追いつけない!

入学前の状況を教えてください。

学校行事に力を入れていたので、とても忙しかったです。まともに受験勉強ができておらず、模試では常にD・E判定でした。

四谷学院を選んだ理由は何ですか?

いくつか候補がありましたが、集団授業だけを行う予備校では既に通っている生徒との差が埋まらないと思っていました。ですが、四谷学院には自分のペースで学力を上げられる55段階があり、かつ集団授業もあるというダブル教育がすごく魅力的で、入塾を決めました。

55段階で基礎不足を痛感。コツコツやって本当に良かった!

実際にやってみてどうでしたか?

55段階は基礎を固めるのにとても良いシステムでした。最初の方は比較的簡単な問題も多いのですが、思っている以上に間違えて不合格になることもあって。いかに各教科の土台ができていないか、痛感させられました。

土台固めは本当に重要ですからね!

先生はミスした部分を的確に直して教えてくれますし、特に数学の記述では「より良い解答をするためのヒント」をもらうなど、一人ひとりにきめ細かな指導をしてもらうことができたので、コツコツやって本当に良かったと思います。

55段階は徐々にレベルアップしていきますが、その点はどうでしたか?

中盤から後半にかけて難しい問題も出てきますが、先生にすぐ質問できる環境が整っているので、必要な知識や解法を穴なく埋めることができました。それは受験勉強にとって、本当に大きかったと思います。直前期には大学ごとの問題演習をしたり、過去問の質問もしたりすることができてすごく良かったです。

担任の先生にもよく相談されていたそうですね?

はい、担任制度も良かったです。相談事があるとすぐに応じてもらったり、志望校合格に向けてのビジョンを明確に示してもらえるので、迷うことなく勉強を進めることができました。

学生思いのシステムが現役合格を叶えてくれた!

合格したときのお気持ちは?

これまでの努力が合格という形で現れて、素直に嬉しくほっとしました。スタッフのみなさんに報告したときも自分のことのように喜んでもらって、ここに来て良かったと改めて思いました。

それは嬉しい限りです!現役合格、本当におめでとうございます。

四谷学院は学校行事など、高校生活との兼ね合いも大切にしてくれると感じました。55段階の振替システムや映像視聴システムがあることで、学校行事に全力で取りくむときと勉強に集中するときとのメリハリをつけることができました。四谷学院に通ったからこそ、合格を勝ちとることができたと思います。

最後に今後の展望をお願いします。

大学では興味のある授業を積極的に受けて、自分の知識や見識をさらに広げていきたいです。特に食品やスポーツに興味があるので、これらの研究ができるゼミや研究室に入りたいと考えています。

△このページのトップへ