MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 梅原さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[私立理系]

梅原
梅原 (私立専修大学松戸)
合格大学
  • 慶應義塾大学総合政策学部
  • 上智大学経済学部
  • 立命館大学国際関係学部

自分のペースで学べる55段階で弱点ややるべきことが見えてきた!難しいところは時間をかけて少しずつ学び、しっかりと全ての範囲をカバーできました。

私が四谷学院を選んだ理由は、55段階という自分のペースで確実に学べるシステムがあったからです。実際にやってみると、自分の弱点がわかり、どの範囲を徹底的にやらないといけないのかを把握することができました。さらに、先生に1対1で教えてもらえるので、その場で理解をすることができ、自分が難しいと感じる部分は時間をかけて少しずつ学べたので、しっかりと全ての範囲をカバーできました。テキストが範囲ごとに明確に分かれているので復習もスムーズで、苦手な範囲はフォローアップテストという復習テストを利用することで、きちんと自分の中で整理することができました。

また、私が受けた総合政策学部は他の学部に比べて小論文の配点が大きかったので、入試直前は特に重点をおきました。私は小論文のクラス授業を取っていたので、それらのプリントを復習しました。さらに先生が毎回言っていたことを思い出し、しっかりと理解して自分の知識にしました。

先生方は限られた時間の中でも濃い内容の授業をしてくださり、すべてが合格につながりました。尊敬できる先生との出会いで、勉強そのものも楽しくなりました。

直前期は自習室もよく利用していましたが、他の生徒が頑張っている姿を見ることで刺激を受け、自分も頑張ろうという気持ちになれました。そして勉強ができる環境が整っているだけでなく、困った時、悩んだ時はいつでも先生方に相談できました。声をかけてくれる受付の方々、たくさん相談に乗ってくれる担任の先生、ためになる授業をしてくれる講師の皆さん、本当にお世話になりました。四谷学院に入って本当に良かったです。

△このページのトップへ