MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 森田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[私立理系]

森田
森田 (私立淑徳)
合格大学
  • 早稲田大学先進理工学部
  • 東京理科大学理学部第一部
  • 明治大学理工学部
  • 中央大学理工学部

総合得点約97点UP!週6日で部活をしていたのに55段階で基礎を固めてE判定から逆転合格できました!

入学前は部活で忙しかったので、家の近くの塾に通っていました。しかし、思うように成績が伸びず悩んでいました。四谷学院を選んだのは、基礎から着々と進めて穴を埋めていくという55段階にひかれたからです。授業の時間が自分で決められたので、部活でオフの日と早く終わる日の週2日で、授業を入れていました。55段階はあらかじめ学習した部分の確認テストをして進めていくもので、初見の問題に慣れていなかった僕にはとても良かったです。55段階の先生は、55段階のテキストを完全に網羅しているので、僕が間違えた問題をすぐにテキストに立ち返って指導してくれたおかげで、復習がしやすかったです。また間違えた問題は、フォローアップテストで忘れた頃にもう一度解けるので、知識の穴を作りません。直前期になると過去問の解説や添削をしてくれるので、最後の最後までより良い解答を作る練習をすることができました。

また、四谷学院は担任制を採用しているので、勉強の相談を気軽にすることで、迷いがなくなり、自信を持って勉強をすることができるようになりました。そのことが成績アップに直結したと思います。さらに、僕はよく自習室を利用していました。周りの生徒も同じように黙々と勉強をしていたので、自分のやる気もかき立てられたし、周りの雰囲気に飲まれない練習にもなりました。

合格発表は9時から12時まで音声で発表を聞くことができ、そのあとはインターネットで発表でした。12時前、両親は顔を険しくして、“いいから電話聞いてみなさい” と言ってきました。音声を聞くと、“合格です。おめでとうございます。” と流れてきて、大声をあげて喜びました。

僕は12月の最後の模試でE判定を取ってしまい落ち込んでいました。それでも、55段階の先生のサポートと担任の先生の励ましのおかげで合格することができました。入試が終わるまで何が起こるかは誰にもわかりません。ただ最後まで諦めなかった人が勝つんだと思いました。将来は、生化学系の研究室に入って、医療系のことを学び、多くの人の病気を治すのに携わる職に就きたいと思っています。

△このページのトップへ