MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 有田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[国公立理系]

有田
有田 (都立国分寺)
  • 横浜国立大学理工学部
  • 東京理科大学理工学部
  • 中央大学理工学部
  • 法政大学理工学部

総合得点250点アップで模試判定はD→Aに!!55段階で弱点を見つけて、クラス授業で実践演習。その繰り返しで爆発的に成績が伸び、週6バレー部の多忙な日々でも現役合格できました。

週6バレー部の多忙な毎日。試験前しか勉強してませんでした。

入学前の状況を教えてください。

高2の終わりまではバレーボール部の練習が週6で忙しかったため、塾にも通わず、勉強もテスト前の部活が休みになる日にしかしていませんでした。

入塾しようと思ったきっかけは何ですか?

2年生の冬に受けた模試の成績があまりにも悪かったため、3年生になったら塾に通おうと親と相談して決めました。そこで55段階で基礎から徹底的にできる四谷学院にひかれて、入学しました。

英語の得点がほぼ倍に!総合点が250点も上がってD→A判定の大躍進!!

本格的な受験勉強はどのように軌道に乗せたのでしょう?

初めは部活と両立しながら苦手な英語と国語を受けて、部活の引退と同時に他の科目にも着手しました。55段階で1から洗いざらいやることで、中学の範囲や、自分が完璧だと思っていた範囲でも意外と穴があることを知りました。

自分の認識とはズレているものですよね。特に良かった科目はありますか?

英語です。55段階で自分のペースで基礎を固め、クラス授業で実践的に英文を読むというサイクルがとても良く、5月の模試で83点だった英語がセンターで163点と、ほぼ倍に上げることができました。

得点2倍はすごいです!全体的にもすごい伸びですよね。

5月の模試で488点だったのがセンター本番737点と250点近く伸びて、判定もD→Aに変わりました。

250点アップはそうそう聞かないですが、爆発的な伸びの秘密は何ですか?

やはり55段階です。55段階で穴を見つけていくうちに自分の弱点を知ることができたので、普段の学習にも活かせたことが成績の伸びや合格に大きくつながったのだと思います。

忙しい現役生でも四谷学院なら学校と両立可能です!

有田くんは55段階をフル活用してくれていたんですね。

はい。定期試験中でも55段階で質問できたのはありがたかったし、あとは講習を学校やその他の予定を考慮して自分で組み立てられたり、四谷学院では学校との両立もできたのが良かったです。

現役生は特に忙しいですからね。合格を知ったときのお気持ちは?

喜びよりも、支えて尽力してくれた親や学校の先生や四谷学院の先生に良い報告ができるという安心感が強かったです。

本当におめでとうございました!素晴らしい報告ができましたね。

いつも丁寧に教えてくれた55段階やクラス授業の先生、志望校のことなど相談に乗ってくれた担任の先生には、とても感謝しています。合格という形で恩返しできて本当に良かったです。

最後に今後の展望をお願いします。

私は電子情報系学科に進むのですが、今の時代の重要分野である情報工学や通信系の分野に大きく関わる学科なので、大学では数学や物理を中心に意欲を持って取りくみ、将来はそうした分野に携わっていきたいと考えています。

△このページのトップへ