MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 前田くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[国公立理系]

前田
前田 (県立尼崎稲園)
合格大学
  • 京都大学工学部
  • 同志社大学理工学部

夏の時点で英語の偏差値79.3を記録。京大摸試ではD判定からの逆転合格。めんどくさがり屋も55段階ならできる。四谷学院の強みは個々に合わせたサポート。

もともと自分で勉強できるタイプではなく、高校受験の時も程々の勉強で行けるところに進学しました。しかし、このままでは大学も同じようになると考え、四谷学院で頑張り、妥協しないことを決意しました。決め手は説明会で「これならいける」と背中を押してもらえたことと、55段階なら達成目標がわかりやすく、さらに目標が細分化されているのでめんどくさがりの自分でもできると思ったことです。

55段階では先生に1対1で教わるので、自分のタイミングで質問することができ、しかもより詳しい説明をたっぷり聞くことができます。先生は僕がどの分野が苦手か、僕にとってどのような説明が理解しやすいのかをわかった上で解説してくれました。クラス授業はレベル別なので自分に合った内容と難易度の授業が受けられます。先生は受験に精通しているので、公式を使わず計算を省略するテクニックなど実戦に役立つことを教えてくれました。また、プロの進路指導の先生が付き、勉強の進捗を確認してくれたことで、僕のような怠惰な受験生も勉強を怠けることがなくなり良かったと思います。このように四谷学院の強みは講師、進路指導の先生が生徒の一人ひとりをよく見てくれて、それぞれの生徒に合ったケアをしてくれる点です。

結果、夏の時点で記述模試の英語の偏差値は最高記録の79.3を取りました。55段階でレベルの高い英文に毎週触れたのが良かったと思います。長文などもあまり好きではないので自分一人ではできなかったはずです。合格発表の時は、京大摸試ではD判定だったところからの逆転合格だったので、イマイチ実感がわかず何度も受かっていることを確認してしまいました。大学での学びで自分の世界が広がることが今からとても楽しみです。

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ