MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 南口くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立理系]

南口
南口 (府立天王寺)
  • 大阪大学工学部

解けるようになる楽しさを知ったクラス授業と基礎から志望校対策まで網羅できた55段階。おかげで偏差値は総合13.4、苦手だった英語は16アップ!阪大模試でA判定を出して現役合格できました。

55段階で基礎~志望校対策まで!解けるようになるのが楽しかった。

四谷学院に入る前はあまり勉強していなかったと聞きました。

そうですね…。高1の夏まではラグビー部に入っていましたが、夏休みで部活を辞めて。そこから1年間は特にやる気が出なくてどん底状態でした。学校の成績も一番悪いときは360人中300番くらいでした。

そこから阪大合格は大逆転ですね!四谷学院に入ったきっかけは何ですか?

高2の終わり頃に「そろそろ周りも勉強やるんかな?やばいな」と思って、予備校を探しました。学校でもらったパンフレットで四谷学院を知り、来てみたらまず校舎がキレイ!って感動しました(笑)。それに、駅からも学校からも近くて通いやすかったので、入学を決めました。

クラス授業はどうでしたか?

塾ってビシバシ!って印象がありましたが、四谷学院は良い意味で厳しすぎず、先生との距離も近くて得るものが多かったです。わからないところを質問すると「この問題を解くにはこういう考え方をしたらいい」とヒントをくれて、手を動かしてみてまた止まったらヒントをもらって…を繰り返しました。そうするとだんだん解けるようになるのが楽しかったです。先生もユニークな人ばかりで、いつも楽しく授業を受けていました。

55段階はどうでしたか?

僕は英語が苦手でしたが、教科書レベルの文法の基礎でも抜けてるところがあると気づけたり、最後は志望校対策までしっかりできました。あと、些細なことでも質問しやすい環境があることが良かったです。55段階の先生は僕の志望校も把握してくれていたので、先生が「これやってみたら?」って勉強のアドバイスをくれました。

苦手な英語は偏差値16アップ!11月には阪大模試がA判定に!

成績はどのくらい上がりましたか?

苦手な英語は偏差値46.2から62.2まで16アップしました!総合偏差値は13.4、判定もDから11月の阪大模試でA判定を出せるまでに上がりました。

合格の鍵は自習環境の良さ。四谷学院に来て本当に良かった!

大きく伸びましたね。阪大合格をつかんだ一番の鍵は何でしたか?

自習環境が整っていたことです。僕は家で勉強をしなかったので、いつも21時まで四谷学院の自習室を利用していました。あとはやっぱり先生と距離が近いこと、担任の先生に相談できたこととかですね!

受験を振り返って先生達に何かメッセージなどありますか?

悩んでいるときにいつも「大丈夫」と言って応援してくれた担任の先生や、楽しく授業をしてくださった先生方には本当に感謝の気持ちしかありません。四谷学院に来て良かったです。ありがとうございました!

最後に将来の夢を教えてください。

将棋や自動運転車などで使われているAIに興味があるので、大学ではAIなど最先端の技術を学び、これからの社会をより便利で素晴らしいものにできるように頑張りたいと思います!

△このページのトップへ