MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 佐藤くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[国公立理系]

佐藤
佐藤 (県立旭丘)
  • 東北大学工学部

5月までは部活、10月までは文化祭と学校行事を満喫しつつ東北大模試では57.6、記述B判定。55段階で基礎の見直しができ、間違えた理由を知れたことでミスを減らし、第一志望の航空工学科に現役合格!

勉強するのは定期テスト前のみ。学年順位も下の方だった。

入学前の状況を教えてください。

高3まで、定期テスト前しか勉強していませんでした。そのため、学年順位も下から数えた方が早いくらいでした。それで、そろそろ予備校に行かなければと、友達に話を聞いて予備校を選び始めました。

四谷学院を選んだ決め手は何でしたか。

四谷に通っていた友達に話を聞いていいなと思ったのと、他の予備校に通っている子に、上位クラスに入れる学力がないと授業を受けてもあまり意味ないと言われたからですね。上位クラスに入れるような力はなかったのでそれなら55段階ではじめからコツコツ勉強したほうが良さそうと思い四谷学院を選びました。

授業を受けてみてどうでした?

高校はどんどん先に進んでいっていて、今までの勉強内容を見直す時間がなかったので、55段階で本当に基本的な内容から見直せたのが良かったです。

先生とのやりとりの中で「ミスをなくそう」と強く意識。

印象に残っている先生はいますか。

数学の先生ですね。僕、初めの頃は、こんなレベルのミスするのか!というような計算ミスをよくしてたんです。そのときの先生の反応がとても印象に残ってます。多分「また間違えてるな」と思われてたと思いますが(笑)、そういうやりとりを繰り返すことによってミスがなくなっていきました。あと、英語の先生は僕が間違った問題に対して、どうして違うかを教えてくれたのでそれがとてもわかりやすかったです。

クラス授業の良かったところも教えてください。

難しい内容でも、かみ砕いてわかりやすい言葉で説明してくれたところです。特に数学はベクトルが全然わからなかったんですけど、先生の説明で、一気にほどけるように理解できて得意になりました。図とかで示してくれるのが良かったですね。

東北大模試で57.6。試験も手ごたえは悪くなかった。

成績はどのくらい伸びましたか。

11月の東北大模試では偏差値57.6をとることができ、二次試験の判定でBをとることができました。

では本番も受かると思いました?

手ごたえは悪くなかったです。でも、不合格になってしまったらどうしよう……と不安になり、自信を無くしていました。なので合格を知ったときは驚きで叫びました。仙台で物件探しをするあたりになって、ようやく実感がわきましたね。

三兎を得られて最高です!

最後に、この1年を振り返った感想をお願いします。

部活や文化祭も存分に楽しんで第一志望である航空工学科に合格でき、「三兎」得られて最高でした!後輩の皆さん、現役生は本当に伸びます!模試が悪くてもその中に見えないけど成長している点があります。それを自信にして、頑張ってください!

△このページのトップへ