MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 三井所くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2016年合格者[国公立理系]

三井所
三井所 (都立白鴎)
  • 東京大学理科一類

基礎がしっかりしていれば怖いものはない!四谷学院から教わったのは基礎の大切さと、問題が解けるようになる“快感”でした。

僕が東大に行きたいと本気で考えだしたのは高2の終わりごろでした。高校生活の最初の2年間を部活や学校行事に費やし、中学でもまるで勉強していなかった僕は、とても東大を志望するような成績ではありませんでした。しかし、「行きたいと思った大学を目指さなくては勉強する意味がない」と思い、東大を目指すことにしました。
さて、予備校に行こうということになって、どこにするか探し始めたのですが、親が四谷学院のパンフレットを取り寄せてくれ、それを見ているうちに「ここしかない!」と思いました。というのも、僕が受験勉強で特に重視していたのは「基礎」でした。東大合格のためにはゆるぎない基礎が求められるわけですが、四谷学院では55段階はもちろんのこと、クラス授業や講習においても基礎を大事にしていることが分かりました。そして、これらは実際に入学してより一層強く実感しました。
僕は英語が特に苦手だったので、英語に関しては本当に中学レベルからやりました。一方、数学や理科は自分としては得意だと思っていたのですが、毎回の55段階テストを受けることで、それは全くの思い違いであったことがよく分かりました。55段階では苦手な分野も徹底的に穴なくこなしていくことができる仕組みになっていて、基礎がボロボロであった僕にとっては本当にありがたいシステムでした。これほど基礎を作るのに適したシステムは他にないと思います。
そして、基礎を作ったら、その上に積み重ねることが大切ですが、四谷学院のクラス授業や講習は、科目別に難易度別になっていて、どの科目も自分のレベルに合った授業で、着実に応用力を身につけることができました。こうして順調に勉強が進んでいくと、段々と勉強することが楽しくなってきます。読めなかった英文が読めるようになり、全く手のつかなかった問題をスラスラと解けるようになったときの快感はこの上ないものでした。こうして積み上げた知識や達成感は、この先一生の支えになってくれると思います。
四谷学院に入って学んだことは基礎の大切さと、勉強する楽しさ&快感です。基礎がしっかりしていれば、その先は怖いものなんてありません。自然と成績は上がりますし、大学での勉強にも活かせます。そういうことを教えてくれた四谷学院に心から感謝しています。





無題ドキュメント



△このページのトップへ