MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 相馬くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[私立文系]

相馬
相馬 (県立千種)
合格大学
  • 慶應義塾大学文学部

総合偏差値は47.5→67.0へ19.5もアップ!英語10以上、国語20近く、世界史25以上偏差値アップ!志望校や自分のレベルに合ったクラス授業のおかげでA判定を出して志望校に現役合格できました!

受け身だった映像授業。55段階なら演習できると思った!

違う塾に通っていたんですよね?

はい、映像授業の塾に通っていました。部活が忙しくて疲れた状態で塾に行っていたせいもあって集中できずに途中で寝たりしてしまって、ただ受けているだけで身についている感じがなかったです。授業を聞くだけじゃなく演習をしたいなと思っていたので、四谷学院に通っている友達に55段階の話を聞いて、他にこういうことできる塾ってないなと思い、入塾を決めました。

実際に受けてみてどうでしたか?

55段階のテストは初歩的な内容から始まるので「普通に満点で受かるでしょ」と思っていましたが、完璧ではありませんでした。1つずつ段階を踏むことによって苦手な分野、曖昧な分野を克服することができました。自分だけじゃカバーできない、見落としている部分を55段階で発見できたなと思います。

問題を見て「何を問われているか」わかるようになった。

成績に変化はありましたか?

はい!特に英語が一気に伸びました!高2の冬に受けたマーク模試では解き方すらわからず、文法にほとんどの時間をかけていましたが、55段階で文法を対策し、さらに長文に取りくんでいくことで192/200点まで伸びました!問題を見るだけで「どういうことを答えさせたいのか」がわかるようになり、解くスピードも上がったことが点数の伸びにもつながりました。

総合偏差値19.5アップ!英語は72.8まで伸び、秋にはA判定!

クラス授業はどうでしたか?

ちゃんと理解するまで手厚く授業してもらえました。慶應の英語長文は教養も問われます。自分が知っている内容だったら解きやすいけど、そういうわけにはいきません。授業ではレベルの高い記述問題を扱っていましたが、ただ英語を読むのではなく、わかりにくい文章の内容そのものを解説してくれました。

記述対策で他に役に立ったことはありますか?

1人では対策が難しい小論文も、毎回「この大学だったらこう書いた方がいい」と添削をしてもらえました。世界史も、教科書だけではわかりづらいところを図にして整理し、記憶しやすいように教えてくれました。クラス授業は細かくクラス分けされているので、志望校やレベルに合った勉強をできるのが良かったです。

偏差値の伸びはいかがでしたか?

英語は59.2から72.8、国語は41.0から60.7、世界史は42.4から70.2まで伸びました!総合偏差値も、春の記述模試では47.5だったのが秋には67.0まで伸び、A判定が出て志望校に合格できました!

素晴らしい伸びですね!本当におめでとうございます!

「合格」の2文字が見えて一気に全身の力が抜けました。信じられず、見間違えてはいないか何度も確認しました。進路指導の先生や教科担当の先生には大変お世話になりました。大学合格はスタートなので、これからも頑張っていきます!

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ