MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

オンライン学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 福田さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2020年合格者[国公立理系]

福田
福田 (私立九州産業大学付属九州)
合格大学
  • 九州大学工学部

現役時代はセンター対策中心で模試判定がEだったところから苦手な化学が偏差値62.3までアップでリベンジ合格!55段階では些細なことでも質問できて細部まで添削してもらえたのがとても助かりました。

現役時代はセンター対策ばかりをしていた。

現役時代の状況を教えてください。

センターの対策ばかりやっていて二次試験の対策が疎かになっていました。模試判定もEで、センター試験ではそれなりに得点できたものの二次試験では全く手が出せないという状況でした。

もう1年頑張るにあたって、四谷学院を選んだのはなぜですか?

浪人することに決めて、いろいろと予備校を探してくれた父の勧めで、四谷学院の説明会に行きました。55段階なら基礎から始められて、自分のペースで学習できるという点が魅力的で、四谷学院に入学を決めました。

実際に授業を受けてみていかがでしたか?

化学は、現役時代わからなすぎて模試でも時間があまるくらい苦手で定期テストで40点くらいだったこともあったので、最初に習うようなところもあやふやな部分が多かったです。だから、55段階で、先生に2回くらい同じ説明をしてもらってやっとわかるようになりました。1人で勉強しているとあまり見直しをしない部分を再度説明してもらえたのが良かったです。先生は基本的なことでも2回目の質問でも嫌な顔をすることなく、時間をかけて説明してくれました。答案についても細かい部分まで添削してもらえた上に、九大に問題の傾向が似ている問題を紹介してもらえたのでとても助かりました。

説明と演習の授業のおかげで「できる」感覚がつかめた。

クラス授業はどうでしたか?

問題を解くときに気をつけるポイントなど、ためになることをたくさん教えてもらえました。また、授業は一方的に聞いているだけではなく演習の時間があったので、毎回の授業で「できる」という感覚がつかめて、モチベーションが上がりました。クラス授業と55段階のおかげで苦手だった化学は、1、2番目に得意だと思えるくらいになりました。

苦手な化学は偏差値62.3に。勝因は二次の記述対策にあり。

成績の伸びを感じた瞬間はありましたか?

模試の成績は安定しており、一気にドンと伸びたというわけではないですが、徐々にできる問題が増えていることで伸びている実感はありました。偏差値だと化学は、10月の模試で62.3をとることができました。

苦手をきちんと克服できたのですね。ずばり、勝因は何だと思いますか?

55段階やクラス授業を通して、現役のときにできなかった二次試験の記述対策をしっかりとできたことだと思います。

最後に今後の抱負をお願いします!

私は航空宇宙分野や、物を設計することに興味があり、航空機の構造などを大学では学びたいと思っています。航空宇宙工学コースに進むことができるように、今まで以上に勉強していきたいと思っています!

卒業生からの応援メッセージ

これから受験を迎えるみなさんへ、四谷学院で合格を勝ち取った先輩からの熱いメッセージ動画です。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

卒業生が語る四谷学院の活用法

55段階個別指導、科目別能力別授業、受験コンサルタント、テキスト、自習室、入学した理由、レベルアップテスト、フォローアップテストなどなど、四谷学院について卒業生が語ります。

  • 動画はランダム再生されます。動画によっては終わりに20秒程度、右図のようなお知らせ画面が出る場合がありますので、右上にある再生リストアイコンから見たい動画を選ぶか、スクロールバーで早送りして次の動画をご覧ください。
20秒のお知らせ画面のイメージ

△このページのトップへ