MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 安井さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[国公立理系]

安井
安井 (私立渋谷教育学園幕張)
  • 東京大学理科二類

模試は全てE判定、出願も叶わなかった現役時代から一変。東大模試でB判定まで伸び、逆転合格!!柔軟な発想力のためには、確固たる基礎が必要。各科目の本質を熟知した先生方の指導はすごかったです。

理系の道は諦めていた自分がなんで東大理系に合格を!?

東大合格おめでとうございます!合格を知った瞬間のお気持ちは?

「嘘!?」でした。早慶の理系がダメだったので自分は社会的に求められていないのかと思い、理系の道は完全に捨てていたんです。だから、一度捨てた道が戻ってきて混乱しました(笑)。

それは嬉しい誤算ですね。安井さんはずっと東大志望だったとか?

はい。ただ、去年はセンターが足りなくて受けられませんでした。模試も全てE判定でしたし、英語は得意でしたが数学・物理・化学が本当にダメで。科目の差が激しいこともあり、高校の先生が勧めてくださった四谷学院を選びました。

秋の東大模試でB判定!ひたすら基礎を磨きました。

本当にダメだったという理系科目は、どのように克服したのでしょう?

クラス授業でも55段階でも、徹底的に基礎を鍛えたことが成績の伸びにつながりました。東大の数学は特に基礎の組み合わせが多いので、基礎がないと頭が固くなって東大独特の問題が解けなくなってしまいます。「この方法がダメなら、あの方法ができるかも?」と発想していく必要があるので、難しい問題に慣れすぎてしまうと基礎から着実に点をとっていくことができないのです。

徹底的な基礎の理解が、理系科目の発想のもとですからね。

55段階で計算力をつけられたことも大きかったですし、記述の仕方やグラフの書き方もできていなかったので、教えてもらえてありがたかったです。私は理解習得のためには人と話すことが大切だと思っていて、他人の目を気にせずくだらない質問もできる55段階だからこそ、基礎を固められたと考えています。

クラス授業の方はどうでしたか?

公式の暗記だけでは解けない理系科目も、理解するための手順をステップごとに説明してくださって、クリアな感じで明確に教えてもらえたのがすごく良かったです。

授業が各科目への根本的な理解につながった訳ですね。

特に数学の先生は本当に数学に特化していて、解くためのテクニックがすごかったです。今までは問題を見ると慌てて解き始めていましたが、先生の教えにより問題の構造を考え、頭を整理してから取りかかる流れができました。おかげで、途中で方向転換をしたり解答まで辿り着けないことがなくなって、初めて数学が楽しいと思えるようになりました。

1%でも可能性があるならそれを信じて頑張って!!

改めてつかめた理系の道、これからが楽しみですね!

将来は医療方面の研究者になって、病気で困っている人々に寄り添い、社会に貢献したいと考えています。多くの人達と関わり、社会に触れながら勉強に励む、自立した人になりたいです。

最後にメッセージをお願いします。

先生方にはとても感謝しています。後輩には1%でも可能性がある限り、自分の合格を100%信じて頑張ってほしいです!

△このページのトップへ