MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 中井くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[国公立理系]

中井
中井 (私立芝)
  • 東京工業大学環境・社会理工学院
  • 早稲田大学創造理工学部
  • 東京理科大学工学部、理工学部

現役時代は数学・物理・化学すべてに苦手が残っていた。どの大学もE判定だったのが、今年は東工大模試でA判定!55段階では、先生が根本から理解させてくれ「どこから出題されてもいい」絶対的な自信がつきました。

現役時代はどの大学もE判定。数物化すべてに苦手が残っていた。

中井くんは現役のときから東工大志望だったのですか?

はい。でも現役のときは表面的な暗記しかやらず、数学・物理・化学どれも苦手分野が残った状態でした。特に化学は他の科目と比べてはるかに苦手で、受験までに克服しきれませんでした。模試の判定でも全ての大学がE判定で、結局、東工大から東京理科大まで全て不合格という結果でした。

現役受験は残念な結果に終わってしまったのですね。今年、四谷学院に入学を決めたのはなぜでしたか?

母親が基本からやり直せる四谷学院の55段階を教えてくれたのがきっかけで、相談会に行きました。そこで科目ごとに自分のレベルに合った授業が受けられるクラス授業と、先生に直接採点・添削してもらえ、疑問点を解消できる55段階に魅力を感じ、四谷学院に入学しました。

55段階は本当に基本からなのに、苦手分野では解けない問題も。

実際に授業を受けてみて、どうでしたか?

55段階は本当に基本の基本からやるので、正直戸惑いもありました。しかし苦手分野の範囲になると解けない問題も出てきて。そのときに55段階の先生から表面的な解説ではなく、根本的なその単元の重要事項を教わることで、苦手分野を解消していきました。物理、化学では序盤からわからない点があり、その都度、先生の解説で理解していきました。

数学や物理より下のクラスだった化学が、夏にはレベルアップ!

では、クラス授業はどうでしたか?

クラス授業は生徒の人数も多すぎず、レベルに合った演習や質問のしやすい環境が良かったと思います。入学時、化学は数学や物理より下のクラスでしたが、授業でやった単元をきっちり予習復習することにより、夏には上のクラスに上がることができました!

ついに東工大模試でA判定が!総合点は108点も上がりました!

順調に苦手を克服できましたね。全体的な学力も伸びたのではないでしょうか?

そうですね、センター試験の総合点は693/950点だったのが今年は801点と、108点もアップしました!Eだった判定も10月には東工大模試でAが出るまでになりました!

大きく伸びましたね!

はい!どの科目も模試で着実に勉強の成果が出たのでモチベーションにつながりました。これは、浪人生活を乗り切るうえで重要なことだったと思います。昨年と違い、今年はどの科目もどの分野から出ても太刀打ちできる状態にすることができ、かつ、得意科目だった物理に絶対的な自信をもてたことが合格できた理由だと思います。

万全の状態で試験に臨めたのですね!最後に、メッセージなどありますか?

授業の先生方や、いろいろ相談に乗ってくれた担任の先生のおかげで、1年間モチベーションを切らすことなく過ごせました。志望校合格は四谷学院のサポートあってのものだと本当に思います。後輩のみなさん、四谷学院を最大限に活用して勉強してください!

この他の合格体験記

△このページのトップへ