MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 伊勢谷くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立理系]

伊勢谷
伊勢谷(私立東京都市大学等々力)
  • 東京工業大学第3類
  • 慶應義塾大学理工学部
  • 上智大学理工学部
  • 東京理科大学工学部・理工学部

のめり込むほど面白い授業のおかげで、苦手な物理が偏差値50台から74.6に。総合偏差値も59.8から72.1へ12.3もアップ!四谷学院で過ごした日々に、ただただ感謝しています。

苦手な物理が偏差値74.6に!僕は期待された方が頑張れる。

四谷学院に入学したのはなぜですか?

現役のときは予備校に通っていなかったので、自分だけで全てを解決しようとした結果、最終的には成績が落ち、精神的にもきつかったです。四谷学院に入学したのは、55段階が決め手でした。一人ひとり添削してもらえるのが良かったです。他の大手の塾だと一人ひとり放置というか、自分に期待されている感がないように思いました。僕は期待された方が頑張れるので(笑)。

実際に入学してみてどうでしたか?

現役の反省を活かし、徹底的に四谷学院のシステムを使い倒そうと思いました。最初は1学期のテキストでさえ手こずることもありましたが、55段階とクラス授業を併用して基礎力がどんどんつき、夏には1学期のテキストがスラスラ解けるようになり、簡単だ!とさえ思うようになりました。

具体的に、55段階はどんなところが良かったですか?

やっぱり1対1で丁寧に教えてもらえるところですね。55段階の問題に限らず、ちょっと応用された問題とか、数学の原理とかを教えてもらえたのが良かったです。それが入試で実際に出てきたりして、「もらったぜ!」って思ったのを覚えています。

では、クラス授業はどうでしたか?

一番好きだったのが物理の授業だったんですが、先生が面白くて、のめり込んじゃうような感じでした。でも実は、物理は現役時は好きでも得意でもなかったです。浪人して面白いと思い、偏差値もかなり上がりました。現役ではいつも50台だったのが今年は74.6まで伸びたので、20くらい上がりましたね。

総合偏差値は1年で12.3アップ!E判定から東工大へ逆転合格!

それはすごい伸び!総合的な成績もアップしたのでは?

はい。理系科目だけで見ると英数理は総合偏差値が59.8から72.1と、12.3も上がりました!去年は模試もE判定だったけど、今年は2日目の試験が終わったときに合格を確信しました!

四谷学院は生徒同士の距離も近い。クラスの友達も東工大へ見事合格!

合格、本当におめでとうございます!受験を振り返っての感想などありますか?

ありがとうございます!四谷学院は生徒同士の距離も近くて、クラス授業では友達もでき、一緒に東工大をめざしていた友達も合格できたのが嬉しかったです。今年は四谷学院の予習復習をやっただけで、成績が上がりました。他のことには、あまり手を出してないんです。

最後に、受験を振り返ってのメッセージをお願いします。

合格を知ったときは、とにかく1年やったことが報われて安心しました。四谷学院で過ごした生活がフラッシュバックして、ただただ感謝しています。四谷の先生は、気軽に話しかけられて、家族のような存在でした。大学では留学したり経営学に携わったり、幅広く学んでいきたいです。

△このページのトップへ