MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 喜島くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[国公立理系]

喜島
喜島 (私立相生学院)
  • 北海道大学総合入試理系
  • 関西大学化学生命工学部
  • 関西学院大学理工学部

理系科目はほぼ未履修というゼロからのスタート。わかりやすい解説と圧倒的な演習量のおかげで総合点は1年で165点もアップ!四谷学院のおかげで効率良く粘り強く勉強できました。

数Ⅱや化学や生物……多くの科目がゼロからのスタートだった。

喜島くんは留学していたとか……?

はい、高2の夏から1年半メキシコに行っていました。メキシコなので、英語ができるようになったわけではないのですが……(笑)。留学しながら日本の通信制高校に通いましたが、卒業するのに最低限必要な勉強しかしていなかったため、大学入試では多くの科目が未履修という状態でした。

つまり、ゼロから勉強する科目もあったということでしょうか?

そうですね、生物や化学、数学Ⅱの途中からなど、理系科目は未履修が多かったです。なので、基礎を大切にしてしっかり教えてくれそうな四谷学院に入塾しました。

自分1人で勉強するのと、プロに教えてもらうのは全然違う!

授業を受けてみてどうでしたか?

クラス授業で特に印象に残っているのは生物で、ほぼ初学でしたがクラス授業のおかげで点数がとれるようになりました。説明がわかりやすいし、質問に丁寧に答えてもらえたのが良かったです。あとは数学もですね。自分でやるのとは全然違いました。授業で解説してもらうことで、それまで自分では全く意識できなかった部分まで意識して問題を解けるようになりました。

もしも55段階がなかったら、演習量が確実に足りなかった。

初めて学ぶ科目も順調に成績が伸びたのですね!では、55段階はどうでしたか?

苦手な科目や初学の科目を基礎から指導してもらえました!また、得意な科目でも理解していなかったり、わからないまま放置していた分野がはっきりわかるので、効率良く勉強できました。あとは、とにかくテキストとテストで問題数をこなせたのが良かったですね。55段階がなかったら演習量・勉強量が確実に減っていたと思います。

添削指導などはどうでしたか?

英作の書き方を教えてもらえたのも良かったです!本格的に対策を始めたのが11~12月くらいで不安もありましたが、文章の作り方から教えてもらい、本番にも活きました。

総合点は165点アップ!粘り強く勉強できた1年でした。

受験勉強中、「伸びている!」という実感はありましたか?

クラス授業のレベルがアップしていくにつれて、伸びを実感しました。最終的にセンターの総合点は去年より165点も伸びて、777点をマークしました!

大きく伸びましたね!本番の合格発表も自信をもって迎えられたのではないでしょうか?

いえ、それが合格発表の時間は寝てたんです。起きてると怖かったので(笑)。受験番号を教えていた四谷の友達からの連絡で起きて、合格を知りました。そのあと家族と大学の掲示板を見に行き、番号を見たときは本当に安心しました。四谷に報告に行った際は、担任の先生方が喜んでくれて合格を実感しました。

初学の科目もある中、見事合格を勝ちとりましたね!おめでとうございます!

四谷学院のシステムや先生方の指導、アドバイスに助けられて粘り強く勉強できました。ありがとうございました!

この他の合格体験記

△このページのトップへ