MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 合格体験記 > 佐藤くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立理系]

佐藤
佐藤(私立星槎国際)
  • 北海道大学総合入試理系

中学レベルから怪しくて、他塾では入学お断りだった僕がずっと行きたかった念願の北大に合格!!すぐ相談に行ける先生、やる気を高めてくれるクラス分けが合格へと導いてくれました

高校の学習内容は、ほぼ皆無。他塾では入学を断られた。

入学前の状況を教えてください。

通信制の学校に通っていたので、「特にわからない科目」なんてわからないくらい、全部がわからない状態でした。中学の内容もほとんどないから当然、高校の学習内容は全くと言っていいほど頭に入っていなかったです。

そこから北大合格なんてスゴイですね!!他の塾も見て回ったのですか?

いくつか行ったのですが、他予備校では入学時のテストで基準を満たせず、入学すらできない状態でした。でも、四谷学院ならゼロからでも勉強できると聞いて、自分でもそうするしかないなって!

先生がすぐ傍にいてくれる安心感がやる気をサポートしてくれた!

実際に入学していかがでしたか?

他予備校と比べて大きすぎない教室だったので講師との距離が近く、質問しやすい環境でした。中にはディスカッション重視の授業もあって、他の生徒さんとお互いに教え合って、理解し合えたり。先生の考えてくださったカリキュラムに工夫がありました。授業を受けている気がしない、先生との距離が遠い大講義室での授業やオンラインの講義と違って、私にとても合っていました。

先生がすぐ傍にいてくれるメリットは、まさしくそれですからね!

四谷学院ではすぐに質問できたので、わからなくても聞けるという安心感もありました。「教えてもらえれば自分でもわかるんだ。なら、やろう!」という気持ちになれて良かったです。

それが佐藤くんのモチベーションにつながったのですね。

クラスのレベル分けもやる気になりました。一番基礎のクラスからあるのも良かったし、ちゃんとできることが増えていくと「クラス上がったぞ。さらに上げるぞ!」てなって。「めざせ大学合格」と言われても、遠い目標はなかなか頑張りにくいです。でも、クラスのレベルアップというのは身近な達成目標だから、やりやすかったですね。

中学レベルが怪しくたって、北大合格レベルにちゃんとなる!!

55段階はどうでしたか?

基礎の基礎から学び始める55段階は、イチから学ぶ必要のあった私にとてもぴったりな仕組みでした。進めるペースも担任の先生と決められるので、どうしていいかわからない事態になりません。高校の学習レベルがなくても、中学レベルから始めても、最終的に北大レベルまで対策できる。最初から最後まで網羅できるというのが、合格に効きました!

発表を知ったときのお気持ちは?

本番であまり得点できていなかった科目もあって不安だったのですが、受験番号を見つけたときはとても嬉しかったと同時にほっとしました。

地道な穴埋め作業が実を結んだんですね!最後に将来の展望をどうぞ。

自分の好きなことを活かせる職業に就きたいと常々考えていたため、北大に合格したことはそれに向けた大きな一歩だと思っています。誰も知らないことを知るために、好きな研究に没頭したいです!

△このページのトップへ