MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 久松くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[農獣医]

久松
久松 (私立渋谷教育学園幕張)
  • 東北大学農学部

高3の10月まで、週6でサッカー部でも総合偏差値15アップ、得点は170点近くアップ!自分では気づけない弱点を先生が指摘して、直してくれる。四谷学院ならどんな人でも伸びますよ!!

高3秋まで週6サッカー部練習、全科目テスト平均点以下から驚きの東北大現役合格!

久松くんはずっとサッカー部に所属していたんですよね。

はい。高3の10月まで週6で練習があって、勉強はほぼせず、テストで平均点に届く科目もありませんでした。

それで東北大に現役合格ですか!

部活で忙しくて時間をとれない人にこそ、四谷学院をお勧めしたいですね。他の予備校だと授業があってもその時間に行けないけれど、四谷学院なら自分の空いている時間に授業を入れて、振替などで予定を変更することもできる。僕は「部活と両立できるところはココしかない!」と思って入学を決めました。

総合偏差値15アップ!マークは170点近くアップ!!

数値としてもかなり伸びていますよね?

そうですね。総合偏差値は42→57の15アップ。マーク模試も10月に540点くらいだったのが12月には710点と、170点近く上がりました。それで「今年は無理かな」と思っていたのが「もしかしたら行けるかも!」に変わったんです。

そこまで伸びた秘訣は何ですか?

55段階を受けて、自分では気づかない苦手分野がわかったことです。それによって多くの改善点が見つかりました。

変に難しいことをやるのではなく、今ある「抜け」を埋めていくことが重要ですからね。

10月に部活を引退してからは特に、自分の弱点をなくし、強みを伸ばすことを意識しました。先生の解説はわかりやすくて、間違えた問題について「どこが間違っているのか」直すべきところを教えてくれたし、僕が理解できたかを何度も確認してくれました。

しっかり理解したうえで、進めていったんですね!

55テキストは自分でも進めやすい内容でしたし、自分ができるギリギリのボリュームで設定して「今日はここからここまでやろう」と決めたり、計画を立てて勉強しやすい点も良かったです。

四谷学院のシステムをきちんとこなせば、どんな人だって伸びる!

合格を知ったときのお気持ちは?

現役合格は半分諦めかけていたので、信じられませんでした。高校や四谷学院の先生達は「あれだけ部活をやっていたのにスゴイ!」と言って、とても喜んでくれました。勉強は“ 時間”だと思っていたけど、“ 中身”と“自分がどれくらいできるか”が大切だとわかりました。

将来の展望を教えてください。

東北大は農業面で特に優れていると思うので、日本の農業の発展に携わっていきたいです。将来は、化学物質を合成する分野に進みたいと思っています。

それは素晴らしいです!最後にメッセージをどうぞ。

丁寧に指導してくださった先生方に「合格」の恩返しができて良かったです。後輩のみなさん、四谷学院ならどんな人でも成績が伸びますよ!高3の10月まで週6で部活だった僕でも、伸びたのですから。

この他の合格体験記

△このページのトップへ