MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 斉藤くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[国公立理系]

斉藤
斉藤 (県立春日部)
  • 名古屋大学情報学部
  • 法政大学経営学部

土日も平日も部活だって、両立可能!!単なる暗記にとどまらない本質的な解説で、世界史は92点。ダブル教育の相互作用で総合点140点アップ。「それで受かるの?」と心配されても、現役合格できました!

土日も平日もがっつり部活!それでも現役合格できました。

入学の決め手は何でしたか?

部活と両立できることです。ソフトテニス部に入っていたのですが、土日はほとんど練習があって、平日もがっつり。その点、55段階は部活の予定にあわせて柔軟に受けることができ、高2のうちに基礎を固められたのが大きかったです。

自分のペースで苦手を解消。世界史はクラス授業だけで92点!

どのような点が基礎固めに役立ちましたか?

数学が苦手だったのですが、自分のペースで数学の勉強を進めることは、他の塾や予備校ではできないことだったので、とても良かったです。自分の力に合わせてできるから周りに合わせなくて良いし、ゆっくりやりたいところはゆっくりやって、確実に理解してから次の級に進むことができました。

一つひとつ、しっかり自分のものにしていくことが重要ですよね。

じっくり理解したうえで、わからないところは先生に質問していました。自分は、計算自体はできるけれど数学独特の考え方が本当に苦手で、自分で最初に答えを見つけるということができませんでした。だから、自分でやるよりも人に聞いた方が早いな!って。先生はそうした考え方を丁寧に教えてくれました。

クラス授業はどうでしたか?

学校で世界史の授業を受けられなかったため、対策は四谷学院だけだったのですが、センターで92点もとることができました!先生の授業が本当にわかりやすくて的確で、ただ暗記をするだけでなく、歴史の流れを理解できたことが成績の伸びた理由だと思います。

先生の授業だけで90点以上もとれたのですね!

教え方もなんですけど、先生が用意してくれた教材がすごくわかりやすくて、めっちゃ良かったです。図とか写真が豊富でテーマごとにまとまっていたので、二次試験の論述にもとても有効でした。

ダブル教育の相互作用で総合点が140点もアップ!

斉藤くんは総合的な点数もかなり伸びていますよね?

はい。模試からセンター本番まで、140点も上がりました。クラスの先生が丁寧に教えてくれるので、授業を受けていてわからないことはなかったし、理解できてから55段階を解くと、1人でやるよりずっと早く進むのはすごく感じていました。授業の理解と55段階の進度が、相互に高まった結果だと思います。

合格を知ったときのお気持ちは?

嬉しさよりも驚きが強かったです。親戚にも「お兄ちゃんに比べて勉強していないけど、それで受かるの?」とか言われてたんですけど、それで受かってみんなビックリ!みたいな(笑)。

本当におめでとうございました!最後に今後の抱負をお願いします。

文理が融合した学部なので、さまざまな分野に通じる研究をし、社会貢献できるように勉強を頑張りたいです。また留学して、海外の学生の雰囲気や日本とは違う研究など、さまざまな経験もしたいです!

△このページのトップへ