MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 原さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[国公立文系]

原
原 (北海道札幌北)
  • 北海道大学法学部
  • 法政大学法学部

55段階でたくさんの問題にあたることができたおかげで見たことがないと思う問題を減らすことができた。クラス授業では確認プリントで効率良く基礎を学べ2年の終わりまで毎日部活でも現役で北大合格!

2年の終わりまではほぼ毎日部活。

まずは合格おめでとうございます。

ありがとうございます。発表前日の夜は不安で眠れず、朝ごはんも食べられないくらい緊張していたので、自分の番号を見たときの安心感は半端なかったです!

現役で合格は素晴らしいですね。ちなみに原さんは1年生から四谷に入学したとのことですが、部活動もやっていたんですか。

はい。2年生の終わりまで吹奏楽部に所属していて、朝昼放課後はほぼ毎日部活でした。

ほぼ毎日部活…。それでも予備校に通うのはえらいですね。

学校の授業についていけなくなって。はじめは勉強のペースをつかむために入学しました。2年までは部活と両立しながらある程度学校のカバーで。3年になって受験を意識して科目選びをしました。

なるほど。受験の1年間を乗り切れた理由は何でしょう。

成績が少しずつ伸びていることの喜びと、講師の先生に会いたいという気持ちがあったからだと思っています。

先生の教え方がわかりやすくテクニックを教えてもらえた。

先生に会いたいという気持ちで頑張れるのはすごいですね。授業はどんな感じでしたか。

何といっても先生の教え方がわかりやすくて。模試や受験で使えるテクニックを教えてもらえました。

具体的に授業で印象に残っていることは何ですか。

数学のクラス授業で単元ごとの基礎的な問題だけ載せたプリントをもらったことです。もともと効率良く勉強するコツを教えてもらいたくてクラス授業をとっていたのでとても助かりました。もらったプリントを見ればセンターは乗り切れるという内容だったので、センター試験の前にも確認していました。

やるべきところが目に見えてわかり計画が立てやすい55段階。

なるほど。では55段階の授業の良かったところはありますか。

やらなければいけないことが目に見えてわかるので計画が立てやすかったところです。また苦手な分野を優先してできたり、進め方に融通が利いたのも良かったです。これも数学の話になってしまいますが、割と早く進めたので自分の志望校以外の問題まで手をつけられていろんなパターンの問題を解くことができました。おかげで模試のときに見たことないなと思う問題が減りました。

問題数をこなすのは大事ですよね。ちなみに原さんはお友達にも四谷学院を勧めてくれていたんですよね。

はい。受ける科目を柔軟に選べるよとか、自分のペースで進めていけるよと友達を誘っていました。実際に入った友達と55段階の進み具合を競い合えたのでより一層やる気になりました。

切磋琢磨できる友達の存在は大きいですね。では最後に大学生活への抱負をお願いします!

北大法学部では法律の専門的な勉強ができるので学んだ知識を社会に活かせるよう日々の授業を大切にしていきたいと思います!

△このページのトップへ