MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 中村さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[国公立理系]

中村
中村 (私立立命館)
  • 名古屋大学情報学部
  • 同志社大学生命医科学部、心理学部

四谷学院は勉強ができる環境が整っていた。55段階で自分の弱点を埋めて基礎学力をつけ、クラス授業で理解を深めたことで名大現役合格!四谷学院に入ることであなたの未来が変わります!

勉強をあまりしていなくて順位は学年でも下のほうだった。

中村さんは高2の冬に入学したんですよね。

はい。高2まで遊びすぎてあまり勉強をしていなかったので模試を受けても学年で下から数えたほうが早いくらいの位置にいました。それで、危機感を覚えて塾を探し始めました。

ではいろいろな予備校の中で四谷学院を選んだ決め手は何になりますか。

四谷学院は基礎を固めることを重視していたので、一番自分に合っていると思ったからです。

1人では見つけられない弱点。55段階ではそれを見つけられた。

実際に入学してから基礎固めはしっかりできましたか。

はい。55段階で楽しみながら基礎固めしていくことができました。自分ができると思っていた分野で弱点が見つかったり、計算ミスが思っていたよりも多かったりと、自分1人では見つけられない弱点を知ることができました。それに基礎固めだけではなくて、最終的には志望校対策までできたのも良かったです。

55段階は基礎固めと志望校対策の両方ができるようになっていますからね。ちなみにクラス授業も受講していたようですが、クラス授業の感想も教えてもらえますか。

クラス授業の良いところは何といっても、質の高い先生と距離の近さです。オリジナルテキストに加えて、プリントなどもたくさんもらい、より学習を深めることができました。また、先生と距離が近いだけではなくて、受講している生徒同士でも仲良くなれたので、みんなで疑問を共有して意見を出し合い、理解を深めることで思考力も鍛えられました。

やる気がなくても四谷学院に行く。結果理科は偏差値65に。

クラス授業もしっかりと活用してもらえて嬉しいです。実際、成績はどのくらい伸びましたか。

3年生の夏明けの記述模試で、化学と生物の偏差値が65になって、校内の順位が1桁になるほど伸びました。

下から数えたほうが早いくらいの位置から1桁になったのはすごいですね。成功の秘訣はありますか。

勉強のやる気が出ないときも、四谷学院に行くことですかね。周りの人が真剣に勉強しているので、自分もやらなきゃと意欲が高まりました。また受付のスタッフが大きな声で挨拶をしてくれるので、それだけで元気になれました。

ちょっとしたことですが、挨拶をしてもらえると元気になれますよね。では最後に四谷学院のスタッフと後輩へのメッセージをお願いします。

担任の先生、いつでも笑顔で出迎えてくれてありがとうございました。先生に話すと悩みの種はすぐになくなりました。後輩のみなさん、まずは四谷学院の校舎に入ること。それだけであなたの未来は変わります。話を聞くだけで勉強意欲がわいてきて、勉強をしたい、志望校に受かりたいと思えるはずです。四谷学院で勉強すればきっと自分の行きたい大学に行けます。最後までしっかり頑張ってください!

△このページのトップへ