MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 八田さん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[私立文系]

八田
八田 (私立仁川学院)
  • 同志社大学グローバル地域文化学部、法学部、文学部
  • 立命館大学国際関係学部

偏差値を54から66へ12アップして第一志望の同志社大学に合格!四谷学院では、成績が上がるのを楽しみながら勉強できました。

私は、部活と習い事をしていたので、定期テスト以外は全く勉強していませんでした。模試の成績も、悪いのが当たり前と気にもしていませんでした。しかし、高2の3学期ごろから、周りが受験モードに入り始めたので、私もこのままではいけないと思い、兄が通っていた四谷学院に入学することを決めました。

四谷学院では、普通の授業に加えて55段階があったので、中学レベルから復習することができました。復習してみると、自分では気づかなかった穴がたくさんありました。最初の段階で基礎を固めたことで、その後の演習問題を解くときつまづくことなく進められました。最終的に、総合偏差値は54から66へ12アップしました!私はほとんど毎日自習室を利用したのですが、周りも必死に勉強しているので集中でき、自分も頑張らないといけないと思える環境でした。図書館のようにうるさかったり、席取りしなくていいのも良かったです。入試前日も慣れた環境の中で、落ち着いて勉強することができました。

担任制度もとても助かりました。模試の成績を見ながら面談し、その時自分に必要な科目や分野を的確に教えていただきました。入試の日程も、私の第一志望の大学をできるだけたくさん受けたいという希望を汲んで、無理のないスケジュールを一緒に考えてくださいました。私は勉強を重ねるうちに、「同志社大学に行きたい!」という気持ちがどんどん大きくなっていたので、合格の文字を見たときは本当に嬉しかったです。これまで勉強してきて良かったという達成感と、大学生活への期待で胸がいっぱいでした。グローバル地域文化学部では、中学の頃から憧れていた海外留学に行けるのでとても楽しみです。将来は海外とかかわる仕事がしたいと思っています。授業や55段階でお世話になった先生方、いつも優しく声をかけてくださったスタッフの方々のおかげで、毎日楽しく通い続けることができました。本当にありがとうございました。後輩の皆さん、四谷学院でなら楽しく受験勉強ができると思います。成績が上がることを楽しみながら、第一志望合格を目指して頑張っていただきたいです!

△このページのトップへ