MENU フリーコール 資料請求 個別相談会

自宅学習サポート

新型コロナウイルスの感染予防について

予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 島くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2019年合格者[国公立文系]

島
島 (私立山手学院)
  • 一橋大学商学部
  • 早稲田大学社会科学部
  • 慶應義塾大学商学部
  • 中央大学法学部

危機的な状況からの大逆転!学年最下位、進級が危うかった僕が、四谷学院との出会いで、まさかの一橋大現役合格!!

四谷学院に入学する前は、趣味に没頭し過ぎて学年で最下位を取ってしまいました。学年で最下位を取ったタイミングで「このままだと進級も厳しいかもしれない」となり、予備校を探しはじめ、自分の性格的に大人数での講義は向いてないと思って四谷学院への入学を決めました。

僕は努力が嫌いなので、それまで自宅でほとんど勉強をしておらず、演習量が圧倒的に少なかったのですが、55段階で演習量をカバーできたこと、基礎的な知識が身に染み付いたことが成績が伸びた理由だと思います。また、一橋大学は全て記述形式で、記述の書き方によって大きく点数が変わるので、55段階でひたすら添削をしてもらったことが合格に結びついたのだと思います。

クラス授業も生徒と先生の距離が近いので、授業への参加意識が高まり、質問などがしやすいのが良かったです。また、担任の先生は進路指導や全体の勉強の方針の相談などで、過去のデータや模試の結果、55段階の進度など様々な要素を踏まえた上で適切な対応をしてくれました。

合格を知ったときは、とても嬉しかったです。僕にとって受験勉強は、当初、地獄みたいなものをイメージしていましたが、合格したことで全てが良い思い出となりました。もし四谷学院と出会っていなければ、留年して今頃高校三年生だったかもしれないので、心から感謝しています。後輩のみなさんは講師の方々や担任の先生を信じて突き進めば、必ず第一志望に受かると思います。頑張ってください!

△このページのトップへ