MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 尾立くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[医学]

尾立
尾立 (私立広尾学園)
  • 順天堂大学医学部医学科
  • 国際医療福祉大学医学部医学科
  • 横浜国立大学理工学部

クラス最低点をとるほど苦手な化学を克服し、現役で見事医学科合格を勝ち取りました。55段階は先生の丁寧な解説で、知識の漏れや勘違いがなくなる効率的な勉強法です。

私は高2の時点でクラスで最低点をとるほど化学が苦手でした。そこで四谷学院の55段階を知り、これなら成績が伸びるかもしれないと思い入塾しました。入塾の時期が周りに比べ遅かったので、まずは遅れを取り戻す必要がありました。有機化学や無機化学に比べたらまだできていた理論化学は、一気に飛ばして周りの人に追いつけるように頑張りました。無機化学に入ってからはペースがガクッと落ちましたが、先生がわからないところを丁寧に教えてくれたのでスムーズに理解することができました。有機化学に入る頃には化学に対する苦手意識が薄れ、自習時間に進んで化学を勉強するようになっていました。そのおかげで、ちょうど良い時期に志望校別対策に入ることができました。

55段階を通して良いと感じたことは主に3つです。1つ目は自分のペースでできること。ガツガツ進めたい人は進められるし、ゆっくり丁寧にやりたい人はじっくり取り組むことができます。受験勉強において自分のペースで勉強することは非常に大切なことだと思います。2つ目は先生が全て教えてくれることです。気軽にわからないところを質問できる上にしっかりと質問の意味を理解してくれて、自分が理解できるまで丁寧に教えてくれます。特に医学部受験において知識の漏れや勘違いは致命的です。わからないところをしっかりと理解でき、知識の漏れや勘違いがなくなるのが55段階です。3つ目は55段階の授業形式です。自分で問題を解いた後に採点、解説をしてもらう形式で、非常に効率が良いです。受験によく出る、つまり落としてはいけない問題が詰まっていて基礎を固めることができます。その中には難問も混ざっており、非常に良い問題集に、採点者と自分に合った解説がついているような感じです。55段階を通して化学を得意科目にするだけでなく、他の科目の勉強のペースもうまく掴むことができました。進め方についても担任の先生と面談できるので、ペースを崩さずに進めることができました。また、担任の先生との面談では志望校などについても深く話し合い、とても良いアドバイスと元気が出る言葉をもらいました。思うように良い成績が出せないときでも次に向けて切り替えて頑張ろうと思えるような言葉をかけてくれました。私の医学部合格において四谷学院は欠かせないものでした。

人の命を預かる医者になるために、学生のうちに沢山のことを学ばなければなりません。とても忙しくなりますが、四谷学院で学んだことを、特に勉強のペースの作り方などを活かしながら最高の大学生活を送りたいです。

△このページのトップへ