MENU フリーコール 資料請求
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 藻谷くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2017年合格者[国公立文系]

藻谷
藻谷 (私立日本工業大学駒場)
  • 一橋大学社会学部
  • 早稲田大学商学部、社会科学部
  • 慶應義塾大学商学部
  • 上智大学経済学部

「青学くらいに行ければいいな」からのスタートで気づけば一橋に現役合格!高1からコツコツと四谷学院の課題をこなしていたら自然と国公立の難問対応力が身についた。

高校受験に失敗した悔しさから高1から四谷学院に通うことを決意。

藻谷君は、1年生から四谷学院に通っていたのですよね。

はい。高校受験に失敗して悔しい思いをしたので大学受験でリベンジしたいと思い、兄がお世話になっていた四谷学院に通うことにしました。

1年生から通って良かったなと思うことはありますか。

受験に対する意識を高めて、どういう勉強をすべきかを早いうちから考えられたことです。どういう風に勉強していけばいいかわからない中で、四谷学院では提示された課題を1つずつこなしていくだけで受験勉強になるのが良かったです。

先生との距離が近くて理解度を気にかけて進めてくれる。

なるほど。クラス授業、55段階の両方を受講していましたよね。それぞれの授業を受けてみて、良かったところを教えてください。

クラス授業は先生との距離がとても近かったのが良かったです。先生はいつも僕たちの理解度を気にかけてくれて、反応が微妙なときには特別にそこを取り上げて指導してくれました。

生徒の理解のペースに合わせた授業をしてくれたんですね。では55段階の方はどうでしたか。

55段階はクラス授業や学校で学んだことを活かしながら問題演習ができたので復習に最適でした。先生はテストの添削だけでなくて、そこにまつわる豆知識やテキストのどこを復習すればいいかなど様々な受験に役立つ情報を教えてくれました。

授業が自然と受験対策になりセンター英語は200点!

クラス授業で学んだことを55段階で活用するというのは理想のダブル教育の使い方ですね!成績はどのくらい伸びましたか。

英語はセンター試験本番の筆記で満点がとれるほどまで伸びました!模試判定も一橋でB判定をとることができました。

センター英語満点はすごいですね。合格したときの気持ちはどうでしたか。

本当に受かって良かったなと思います。四谷学院様様です…!最初は青学くらいに入れたらいいなと思って入学したのですが、担任の先生に励ましてもらったおかげで国公立を受験することになって、一橋の現役合格を勝ち取れました。

はじめは青学志望だったんですね!

はい。高1から入って与えられたことをコツコツこなすことで自然と受験対策ができて、国公立をめざせるほどの難問に対する力もついていったように思います。

コツコツとこなすことは確かに大切ですよね。では最後に四谷学院のスタッフと、後輩の皆さんにメッセージをお願いします。

担任の先生、あまり真面目な生徒ではなかったと思いますが、最後まで見捨てずにいてくれてありがとうございました。本当にお世話になりました。後輩のみなさん、無理をせずとも時間をかければ上の大学をめざすことは可能です。しっかりと四谷学院を活用して頑張ってください!

△このページのトップへ