MENU フリーコール 資料請求 個別相談会
予備校トップ > 合格体験記 > 現役合格体験記 > 中路くん

合格体験記

無料特待制度のない四谷学院ならではの涙と感動の奮闘記

2018年合格者[歯学]

中路
中路 (私立東山)
  • 東京歯科大学歯学部

英語の偏差値40台からのスタートで第一志望に合格!クラスの内容を55段階で確認して、確実にレベルアップ!!ダブル教育のおかげで予習をする力が身につき、苦手分野を克服することができました。

とにかく英語が苦手。偏差値はいつも40くらいだった。

入学前の状況を教えてください。

私が四谷学院を選んだ理由は高校からの帰宅途中にあり、仲の良い友人がたくさん通っていたからです。入学前の私の模試の状況は、たまに数学が偏差値60を超えるくらいで残りの科目は偏差値50前半、英語に関しては偏差値40くらいが当たり前でした。

55段階のおかげで自ら予習する習慣が身につき、苦手を克服!

中路くんは入塾する前は、予習をしたことがなかったとか!?

そうなんです(笑)。私は予習が苦手だったので、四谷学院に入学する前は全くしなかったのですが、55段階の場合、予習をしっかりしていないと55段階のテストに合格できないこともあり、頑張って予習をしていました。それを続けていった結果、自ら予習をする力が自然と身につきました。

苦手なところから学べることも55段階の魅力の1つだったんですよね?

はい!55段階は分野によって細かく級が分けられているため、先に苦手な分野から潰していくことができます。苦手な分野から先に潰していくことによって、わかりやすく模試などで55段階の効果を実感することができました。

苦手科目もダブル教育によって、徐々に成果が出てきた!!数学は55テキストだけで充分。

苦手科目は四谷学院でどのように対策していましたか?

英語は本当に苦手だったので、クラス授業と55段階のダブル教育を受けていました。クラスの授業の内容が身についているか55段階のテストで確認をすることができたので、手を出しづらい苦手科目でもやりがいがあったと思います。最終的に第一志望に合格することができたのは、英語が伸びたおかげですね。

諦めずに英語の勉強を頑張ってきて良かったですね!

そうですね。英語は文法と単語が理解できればある程度解ける科目なので、55段階のテキストで文法をマスターしつつ、単語帳を使って単語をマスターしたらどんどん問題が解けるようになりました。数学は55段階のテキストのみで充分だと思います。苦手な分野でもとてもわかりやすく、それだけで理解することができました。

四谷学院での充実した日々。担任の先生の導きもあって、無事第一志望に合格!!

四谷学院での受験生活を振り返っていかがでしたか?

四谷学院で過ごす日々はとても充実していました。休み時間には友達同士で集まりお互いの進度などを話し合い、士気を高めていました。担任の先生には心配ばかりかけていたと思うのですが、最後まで第一志望に合格できるように私を導いてくれたおかげで、途中で諦めずに無事合格することができました。本当にお世話になりました!

△このページのトップへ